長崎県の大村市長が雨上がり決死隊の宮迫博之さんにボートレースの行政案件!

 

2020年1月25日 公開

 

1月24日、雨上がり決死隊の宮迫博之さんのYoutubeチャンネルにて、長崎県の大村市長とZoomで会話し、本人から直々に「ボートレースを盛り上げてほしい」と行政からの仕事としてお願いされるという動画がアップされました。

この記事ではその経緯と内容に触れていきたいと思います。

 

大村市長からの依頼の内容の全貌

宮迫さん
市長のお話を聞いてくれという風に職員の方に言われたんですけど何のお話でしょうか?

大村市長
実は大村市はボートレースの発祥の地で、69年前に大村市が初めてボートレースを全国で始めたんです。それでですね、今ボートレース大村は、全国の方々からもすごく舟券を買っていただいていて、とても大人気なんですよ。そこで是非宮迫さんにも遊びに来ていただいたり、舟券を買ってもらえないかな、と思っているんです。

宮迫さん
あ、いや、あの・・・そうですね、それは・・・しますけど・・・普通にボートレースやってくれっていう話ですか?

大村市長
ボートレースやっていただくのももちろんですけど、ボートレース大村を全国の人に宮迫さんの力で広めていただきたいなと思っているんです。

宮迫さん
これは行政からのお仕事と取っていいんでしょうか?

大村市長
もちろんです!

直々に要請があるなんてすごいことですね。Youtubeは今本当に色んな意味でメディアの力を感じますねぇ。

これを受けて宮迫さんは、普段より交流のあるおなじYoutuberのヒカルさんと一緒にやりたいと提案。大村市長もそれを快諾し、今回の動画の企画に発展した模様です。

 

依頼を受けておこなった企画の内容とは?

緊急事態宣言の渦中ということもあり、現地へ向かうことはできないため、ヒカルさんのチャンネルでもすでに動画としてアップされている人気企画、「爆賭けして大勝負をする」という動画に寄せ、「100万円を賭けてどれだけ儲けられるか?」という企画で動画を作成。

そして緊急事態宣言が解けて往来ができるような状況であれば現地へ来てほしいという話にもなっており、その時にはまた動画がアップされそうな雰囲気です。

なお、去年末にも当サイトではヒカルさんのチャンネルでアップされたボートレースで爆賭けをして大勝負をする動画に関する記事をアップしています。良かったらこちらの記事も見てみてください。

 

100万円の大賭けをした結果

宮迫さん50万円、ヒカルさん50万円を軍資金に2レースで計100万円を賭けました。

勝負する1レース目は大村1R。

ヒカルさんの「123、めっちゃ強いですよこれ。90%ぐらいの確率で1号艇が1着に来ると考えた方がいい」という助言に乗る宮迫さん。

宮迫さんの買い目
1-2-3 13万円
1-3-2 12万円
ヒカルさんの買い目
1-2-4 10万円
1-3-4 10万円
1-4-5 5万円

動画を見る限り、オッズだけを見て予想しているようです…。

①重富の65号機はあまり良いとは言い難いモーター。ましてや③田中の12号機はかなりの好機なので、センターの勢い次第ではインは飛ぶ可能性も十分で、いくらインが決まりやすい大村とはいえ決して堅いレースではなさそうなんですけどね;

結果は…

見事インが飛び、結果は200倍超えの万舟。
一瞬にして50万円は消えました。。。

 

ものの数分で50万円が消えていった二人は、2レース目で勝負に出ます。

勝負する2レース目は大村2R。

いきなり出鼻をくじかれた二人は、占いやラッキーカラーなどを参考に、運に頼った作戦に…

二人は25万円を1点に勝負賭けします。

宮迫さんの買い目
2-1-6 25万円
ヒカルさんの買い目
1-2-5 25万円

運に任せた買い目で勝てるほどボートレースは甘くはないですが、

結果はまさかまさかの展開に!

やはりこういう人たちは持ってますねぇ。

 

実際の結果はこちらの動画から見れます。

 

まとめ

今回は大村市長からの直々の行政案件ということで注目要素もあったため当サイトでも記事として紹介してみました。

ただ注意して欲しいのは、この動画に影響されて大口購入をしないこと。ボートレースはほかの公営ギャンブルに比べて当てやすいのはたしかですが、そこにはちゃんとした「データと知識と根拠」が必要になってきます。歴のある人は自身のしっかりとした予想で、歴の浅い人は様々な情報サイトの予想を参考にするなどして、あくまでも無理のない範囲内で舟券を購入しましょう。

 

この記事のコメント


コメントを残す


アップロードファイルの最大サイズ: 100 MB.

おすすめの記事