野田彩加(5146・山口)【競艇・ボートレーサー名鑑】

 

「日本一の空手女王」、そんな彼女が次に目指すは「艇界の女王」

今回は若干15歳でこの世界へ飛び込んだ艇界のニューヒロイン・野田彩加選手について触れていきます。

 

「野田彩加」プロフィール

名前 野田 彩加
(のだ あやか)
登録番号 5146
生年月日 2003年04月30日
身長 164cm
血液型 O型
支部 山口
出身地 山口県
登録期 126期

「野田彩加」ってどんな選手?

女子空手界のホープ

男女問わず様々なスポーツに取り組んだ末にレーサーになる人が多い世界ですが、野田選手も例外ではありません。

新極真空手(山口中央支部)にて型、組み手でいずれも日本チャンピオンに輝き、最終的にアジアチャンピオンにも登り詰め空手界の未来のスター候補として期待をされていました。

しかし、そんな彼女は中学卒業を期に空手の世界をスパッと絶ち若干15歳にてボートレーサー養成所を受験。空手での輝かしい功績もあり推薦枠にて1発合格となりました。

ボートの世界に飛び込もうと思ったきっかけは両親と下関ボートに行ったときに、男女平等で戦っているのが格好良く小さい頃の憧れであり空手で日本一にもなったことで更なる挑戦の舞台として選んだというのが理由とのことです。

苦悩の養成所時代

推薦枠で合格しても辞めていくもの、実力の差がない世界。しかし、空手で世界を相手に戦った経験や養成所入学のために厳しい食事制限で10kg近く体重を落とした持ち前の根性を武器に養成所の同期最年少ながら頭角を早い段階から現していました。

しかし、徐々に他の同期が頭角を現し始めるとそれに合わせる様に成績は下降傾向に陥ってしまいました。それでも小さい時からの夢、空手の世界を断ち切り不退転の覚悟で挑んだ挑戦を最後まで諦めることなく厳しい養成所生活を乗り切り、無事にデビューの運びとなりました(同期リーグ最終成績 勝率4.93)

待たれる初勝利

2020年5月18日にボートレース徳山にてデビュー後し1年が経過しますが2021年3月段階では初勝利達成には至っていません。

勝率も1点台と課題も多く台頭するまでには時間を要すかもしれませんが、若干16歳でのデビューということで日々のレース、日々のトレーニング次第ではまだまだ成長の底が見えない期待も大きく秘めます。

同じように若干15歳で養成所に合格し成長が著しい先輩の生田 波美音(東京)のような成長曲線を描いていければと思います。

競艇ランキングでは、野田彩加選手の初勝利までの軌跡を追っていきたいと思います。

【野田彩加 勝利への軌跡】

 

野田彩加選手の優勝歴

 

 

「野田彩加」エピソードいろいろ

幼少期は身体が大きかったため男の子によく間違えられていた。

空手 全国大会・アジア大会優勝(中2)

同期リーグの王者は常住 蓮(佐賀)

その他の同期は大澤 風葵(桐生)、日本モーターボート選手会会長の上瀧 和則を父に持つ上瀧 絢也(佐賀)など。

アマチュア時代から地元では有名だったこともあり2020年7月テレビ山口にて『夢へのターン~日本一の空手少女が挑む~』と題し入学するまでのドキュメンタリー番組が放送されました。

電気を使った加圧トレーニングをしている。

化粧品・コスメの収集にハマっている。

同じ女子レーサーの佐々木裕美選手の美貌に憧れている。

これまでに衝撃を受けたレースとして「2018年グランプリ」5日目の峰竜太の5コースからの差したレースを挙げている。

 

「野田彩加」関連記事

 

 

「野田彩加」関連リンク

 

「野田彩加」関連動画

【10代レーサーな女子バナ】ぼ〜っと女子バナ日和#5

2021/04/25
海と日本プロジェクト「ボートレーサーに聞く 海への想い -LongVer-」

2021/04/21
3分で語る ! 女子レーサーのホントの素顔 ! ! ~第3弾 プライベート編 ~|

2020/11/17
未来のQueen

2020/12/05
17歳の笑顔からは想像できない精神力を持つ野田彩加

2020/10/24
【蒲郡】生田波美音よりも年下の・・・最年少女子レーサー、野田彩加選手にインタビュー!

2020/09/23

 

この記事に対するクチコミ投稿


コメントを残す


アップロードファイルの最大サイズ: 100 MB.

おすすめの記事