【競艇予想】2021年 GⅠトーキョー・ベイ・カップ【ボートレース平和島】

 

2021年05月12日 公開

 

「GⅠ開設67周年記念トーキョー・ベイ・カップ」がボートレース平和島で、5月15日から5月20日までの6日間開催で行われます。

注目選手情報、狙い目モーター情報、ドリーム戦の予想など、徹底考察していきます。

 

GⅠトーキョー・ベイ・カップとは

トーキョー・ベイ・カップは周年記念競走で、競艇場の開設を記念して、各競艇場で毎年度1回行われるG1競走です。

出場資格

原則A1選手の主催者推薦のレーサー。

賞金

優勝賞金は450万円。

プレミアムGIは1000万円「副賞金あり」、周年記念競走は900万円「副賞金あり」、ダイヤモンドカップ競走、高松宮記念特別競走は800万円、GII競走のモーターボート大賞競走でも400万円と、他の重賞競走と比べてもかなり低い額と言えます。

レース展望

昨年末のグランプリ、今年はボートレースダービーが行われるボートレース平和島、その前にトーキョーベイカップで勝率を上げたい選手、試走をしたい選手などがたくさん出場して一節間通して盛り上げてくれることでしょう。

 

GⅠトーキョー・ベイ・カップ データ情報

GⅠトーキョー・ベイ・カップ 注目選手

地元勢

濱野谷憲吾
まずは地元東京支部、東都のエースこと濱野谷憲吾選手です。4月大村で開催されたGⅠダイヤモンドカップで3年ぶりのGⅠを優勝して完全復活したのは記憶に新しいですよね。1~3コースまでの勝率、3連対率がとても高いのが特徴で、強気に握っていくのが好きな選手になります。ここはエースの風格漂うレースで自身2度目のトーキョーベイカップ優勝を狙っていきます。もちろん、秋に平和島で開催されるダービーに向けて弾みをつけたいところでしょう。
長田頼宗
次いで東京支部の次期エース候補の呼び声高い長田頼宗選手です。63周年記念トーキョーベイカップを優勝している長田選手は今年もすでに優勝を3回、脂が乗ってきた感があります。1コースだけではなく2~5コースでも1着を狙っていけるのが特徴で、自在に戦術を変えていくクレバーなところも目立ちます。GⅠ戦なら外枠から連に絡むと高配当を提供してくれる選手でもあり要チェックです。
石渡鉄兵
石渡鉄兵選手も忘れてはいけません。江戸川の鬼というイメージが強いですが、平和島でも過去に10回優勝していて苦手意識どころか得意水面のひとつになっています。代名詞の4カドまくりは今も健在で、4コースの過去半年間の成績でみると、22走中12回の1着があってそのうちの8回がまくり決着という際立った特徴のある選手です。乗り慣れた平和島水面なら調整もわかっているはずなので、4カド戦のレースを今からワクワクしています。
そのほか
秋のダービーの出場権獲得のために勝率アップを目指す中野次郎選手、村田修二選手、山田哲也選手も地元水面で奮起します。さらに東京支部といえば若手が台頭してきているのも特徴です。永井彪也選手、栗城匠選手、宮之原輝紀選手が果敢なスピード戦でトップレーサー達に勝負を挑みます。

遠征組

遠征勢も有力どころが参戦します。

毒島誠
まずは2日目のピースター・ドリームで1号艇から出場する群馬の毒島誠選手です。勝率も8点台キープと好不調の波が少なく、西の峰、東の毒島と言われるくらいの強さがあります。毎年夏前からさらに調子を上げてくる傾向が強いのが特徴で、今年はトーキョーベイカップからSG戦線に向かっていくはずです。パワー溢れる走りを見せてくれるでしょう。
そのほか
昨年のこの大会を優勝した福岡の瓜生正義選手は連覇を目指します。また、今やトップレーサーの仲間入りを果たした福岡の西山貴浩選手、艇王の走りは今だ健在、大阪の松井繁選手、今年GⅠを優勝して調子も上昇の静岡坪井康晴選手、SGクラシックを優勝してスランプ脱出の大阪石野貴之選手、今一番結果を出している若手、滋賀の丸野一樹選手、すでに今年はGⅠも優勝して更なる高みを目指す埼玉の桐生順平選手など一流選手が目白押しです。
PR
当サイト内でも連続的中利益ているスタッフ続出 

>>競艇ファンタジスタで直接今日の無料予想を見てみる<<

>>競艇ファンタジスタは勝てるサイトなのか、利用検証をまずは見てみる<<

GⅠトーキョー・ベイ・カップ 狙い目モーター


ボートレース平和島のモーターは昨年の6月から使用されているのでモーター相場は出ています。

2連対率が44%でトップなのが19号機で優勝も1回決めている乗り手を選ばない出ているモーターです。

次いで優秀なのが2連対率43.3%の39号機さらに27号機56号機54号機と続いていきます。

GⅠトーキョー・ベイ・カップ 水面攻略

ボートレース平和島の水面は海水でこの時期は追い風が吹くときが多いです。とにかく1コースの1着率が40%台と全国平均よりもかなり低く、まくりがとても決まりやすい水面になっています。一般戦ならこの数字を参考にしても良いと思うのですが、GⅠになるとトップレーサー達が集まるので、やはりイン逃げが多くなることが想定できます。それと、スリットから出ていく足がある選手は、まくりで波乱決着になることがよくあるので、ボ-トレース平和島で発表している展示タイム、直線タイム、回り足タイムのチェックは必須です。

さらなる水面攻略は別途記事を参照ください⇓

ボートレース平和島(平和島競艇場)を徹底解説【水面特徴・コース攻略】

GⅠトーキョー・ベイ・カップ まとめ

濱野谷選手が完全復活で、秋のダービーに向けて地元レーサーが気合乗り満点の走りをみせるのか!?

以上、GⅠトーキョー・ベイ・カップの事前レース展望でした。

 

 

競艇ランキング公式 LINE

ここだけの情報を配信。是非皆様無料登録宜しくお願いします

 

競艇ランキング公式 YouTube

SG・G1レース回顧や注目選手の活躍にピックアップした動画などを随時配信中

チャンネル登録・いいねクリックぜひよろしくお願いします

 

この記事のコメント


コメントを残す


アップロードファイルの最大サイズ: 100 MB.

おすすめの記事