競艇(ボートレース)の支部について

出走表にも選手ごとの項目に「支部」の記載がありますが、レーサーは各地域の選手会に所属されています。

本記事では支部について詳しく解説します。

支部とは

モーターボート選手会の支部

支部とは各選手が所属する、モーターボート選手会の地域のことです。支部は全部で18あり、競艇場がある都道府県に設置されています。約1,600名いる競艇選手は、18ある支部のいずれかに所属しています。

出身地や居住地に近い支部に所属する

選手は原則的に、出身地居住地に近い支部に所属します

支部間で移籍することがある

引っ越しなどで選手の居住地が変わるときに、選手が所属する支部を変更することがあります。この支部を変更することを「移籍」といいます。

支部に関係なく全国のレース場に出場可能

選手は支部には所属しますが、全国24ヶ所ある競艇場に出場機会があります。支部の地域 (地元)のレースにしか斡旋されないことはありません。

 

支部で何をするのか

地域の清掃活動や施設慰問を行う

支部単位で地元の社会貢献活動を行っています。たとえば、支部に所属する選手が地域の児童養護施設を訪問し、イベントに参加したりプレゼントを贈ったりしています。

支部 (地元) の競技場で練習を行う

支部に所属する選手は、その支部が管轄する競艇場で練習を行えます。たとえば群馬支部に所属する選手は、桐生競艇場で練習を行います。よって地元で開催されるレースは、支部の選手にとって有利といえるでしょう。

 

支部の詳細

支部の一覧

18ある支部および、地元の競艇場は次のとおりです。

関東
支部 地元の競艇場
群馬 桐生
埼玉 戸田
東京 江戸川、平和島、多摩川
中部地方
支部 地元の競艇場
静岡 浜名湖
愛知 蒲郡、常滑
近畿地方
支部 地元の競艇場
三重
福井 三国
滋賀 びわこ
大阪 住之江
兵庫 尼崎
中国地方
支部 地元の競艇場
岡山 児島
広島 宮島
山口 徳山、下関
四国
支部 地元の競艇場
徳島 鳴門
香川 丸亀
九州
支部 地元の競艇場
福岡 若松、芦屋、福岡
佐賀 唐津
長崎 大村

所属する選手数

各支部の所属する選手数を、人数が多い順でまとめました。なお、最も所属選手数が多い支部は福岡支部です。

・所属選手数100人以上の支部

支部 所属選手数
福岡 213人
東京 182人
愛知 137人
大阪 114人

・所属選手数70~100人の支部

支部 所属選手数
埼玉 96人
岡山 91人
静岡 87人
広島 80人
山口 79人
群馬 73人

・所属選手数70人以下の支部

支部 所属選手数
香川 64人
兵庫 61人
佐賀 61人
長崎 58人
三重 51人
福井 50人
徳島 48人
滋賀 46人

※2020年12月24日現在の数値

 

支部 まとめ

支部についてかんたんにまとめると、次のとおりです。

  • 所属する選手会の地域のこと
  • 出身地や居住地に近い支部に所属する
  • 地元の競技場でのレースが有利になる

着順予想では選手の支部をチェックし、競艇場の地元の選手かどうかという点に注目するとよいでしょう。

 

この記事へのコメント


コメントを残す


アップロードファイルの最大サイズ: 100 MB.

関連キーワード
おすすめの記事