1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

ダンディな容姿に的確なハンドルワーク。デビュー節にいきなり優出と大阪支部に新たな大物登場の期待を込めて「怪物くん」とも称された太田和美選手。球界のスターにも似た容姿でも親しまれる太田選手に迫ります。

太田和美 プロフィール

登録番号 3557
生年月日 1973年01月06日
身長 165cm
血液型 A型
支部 大阪支部
出身地 奈良県
登録期 69期
師匠 宮迫暢彦か(太田選手が所属していたペラグループの長)

高校中退し、親の薦めでボートレーサーの道へ。卒業記念競走で1着。デビュー節では初勝利に初優出とし「怪物くん」との愛称で親しまれます。現役屈指の高松宮男である太田選手。趣味のゴルフと愛車のハーレーを愛する選手です。

太田和美 来歴

1991年11月07日 デビュー戦
ボートレース住之江 一般戦「タイトル不明」(2着)

1991年11月 初勝利
ボートレース住之江 一般戦「タイトル不明」(デビューから3走目)

1991年11月 初優出
ボートレース住之江 一般戦「タイトル不明」(5着)

1996年09月26日 G1初優勝
ボートレース若松 G1「開設44周年記念 全日本覇者決定戦」

1998年12月23日 SG初優勝
ボートレース住之江 SG「第13回賞金王決定戦」

2015年8月15日 通算1500勝
ボートレース住之江 一般戦「大阪ダービー 第32回摂河泉競走」4日目第6R
.

太田和美 エピソード(競艇・ボートレース関連)

レーサーになるきっかけ
太田和美選手は親の薦めでボートレーサーを目指します。高校を中退して養成所に入所。卒業記念レースでは1着となり早くも大器の片鱗を示すことになります。

デビュー節でいきなり優出
現在ではデビュー直後に1着を取ることすら難しいことですが、太田選手はなんとデビュー節に優出。もちろん3走目には初勝利を挙げている他、予選を5度連対しています。当時のファンはさぞかし驚いたことでしょう。

現役最多4Vの高松宮
地元であるボートレース住之江で毎年開催される高松宮記念特別競走では過去に連覇を含む4回の優勝があります。地元水面でも周年である太閤賞では優勝がないだけに、なぜか高松宮記念とは好相性。太田選手が出場していたら無条件で狙ってみたくなります。

涙の近畿地区選手権優勝
2020年の近畿地区選手権では兵庫支部の松本勝也選手がレース中の事故で亡くなるという悲しい出来事がありました。そのシリーズの優勝戦では太田和美選手が兵庫支部の3名を相手にイン逃走。1期先輩の松本選手と太田選手は接点もあり、優勝インタビューでは涙を浮かべながら「今日も命かけて走ってるのでこれからも応援よろしくお願いします。」と2020年の八百長問題にも触れる形で話したシーンが非常に印象的でした。

 

【レースにおける売り】マスターズ世代となった今でも記念戦線を沸かせる存在。攻撃的なレースのイメージだが、コーナーのテクニックも一流で、スピード任せの若手にはまだまだ負けない。外枠も苦にしないタイプで常に突き抜けには警戒を。
【こういう時こそ買い】近年は、伸び型で仕上がる傾向が強く、外からでも豪快に突き抜けるシーンは多い。差しハンドルも秀逸で1マークは中団までとなっても伸びて2マーク勝負に持ち込むパターンも。センターコースならアタマで狙いたい。

太田和美 エピソード(競艇・ボートレース以外)

趣味はゴルフで、レーサー仲間とコースを回ることも多いようです。

フライング休み中のトークショーに水色のハーレーで乗り込んだことがあります。ライダースジャケットがとってもお似合いです。

プロ野球やメジャーリーグで活躍したイチロー選手に似ているとも言われ、「水上のレーザービーム」といった異名もあります。

太田和美 関連リンク

◆Twitter

◆Facebook

◆Instagram

◆YouTube

◆ブログ

◆公式サイト

◆その他

1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

コメントを残す


アップロードファイルの最大サイズ: 100 MB.

おすすめの記事