G1 第65回 四国地区選手権競走 事前レース展望【ボートレース鳴門】
1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

 

2022年02月03日 公開

 

ボートレース鳴門では2月5日より第65回 四国地区選手権競走が開催されます。

いよいよ始まる各地選手権!初手、四国地区選手権ではこの選手・このモーターを買え!

G1 第65回 四国地区選手権競走  概要

開催日 2/5(土)〜2/10(木)
開催地 ボートレース鳴門
グレード G1
優勝賞金 480万円(副賞金を含む)

G1 第65回 四国地区選手権競走 展望

昨年大会回顧

昨年の丸亀大会覇者は、興津藍選手。鮮やかな3コースまくり差しでインの中田元泰選手を捕らえて3度目の四国地区選制覇を成し遂げました。6コースから3着を取りきったのが片岡雅裕選手。地区選は、過去6度の優出と好実績、好相性。今節も注目の存在です。

G1 第65回 四国地区選手権競走  主な出場選手

田村隆信
銀河系軍団と呼ばれる85期生の代表的な選手。現在4年連続G1優勝を継続中と好調モードは維持。尼崎センプルカップでも準優勝と今年も存在感あり。剛と柔を兼ね備えたレース巧者で調整力も◎。初日DRは1号艇で登場予定。地元特別戦で気合いも高まります。
森高一真
田村隆信選手と同じく、85期銀河系軍団のひとり。香川支部を代表する選手です。近年特別戦での目立った実績こそないものの、総合力で見劣る点はなく堂々と優勝争いを演じます。得意な決まり手はまくり差し。3・5枠から僅かな間隙を逃さず突き抜けてきます。
菅章哉
今をときめく伸び型まくり戦士が地元地区選に登場。近年はエンジン出しが好調、それに比例して成績も急騰中。記念戦士相手にどこまで戦えるか?ファンの注目を集めます。先日のフライングは痛手となりましたがその分さらに伸びを強化して挑む構えです。

G1 第65回 四国地区選手権競走 優勝候補

地元徳島支部は、田村隆信選手を筆頭に佐々木和伸興津藍市橋卓士選手ら実力者がこぞって参戦。

烏野賢太丸尾義孝選手らのベテラン選手もしぶいレースで存在を示します。

成長著しい島村隆幸山田祐也西野雄貴選手らも楽しみな存在。特に島村選手は1月に鳴門で2優勝するなど実績は◎

近江翔吾中村晃朋竹田一哉選手の香川若手も注目。

平山智加平高奈菜選手の女子トップ選手は男子選手相手に勝負できる実力を持ち、まずは予選突破へ照準。

抜てきされた地元の成長株・西岡成美選手の出場もトピックです。

G1 第65回 四国地区選手権競走 注目モーター

上位モーターの代表格が82号機。出足系の印象も近況は全体に迫力が増した印象。まずは誰の手に渡るか注目です。

直線に島村隆幸選手が優勝した34号機も快速イメージ。

27号機17号機も注目度は高く快走は必至。

実戦パワー確かな31号機も注目級。極端な伸び型は少なく、上位のモーターは出足・行き足のいい実戦型の傾向も見て取れます。

そのほか、注目モーターに関する情報はこちらの記事で詳しく書いていますので、こちらをご覧ください

G1 第65回 四国地区選手権競走 舟券作戦

鳴門の水面と言えば荒れるイメージですが、基本はイン有利。ただ1マークが狭くなっているため、スリット足のできは着に直結します。

またセンター・アウト艇を軸艇にするなら行き足の仕上がりは重要要素です。5メートル以上の風が吹く状況なら出足型選手の差しが有効に。

G1 第65回 四国地区選手権競走 参考リンク

 

PR
競艇ダイヤモンド で上手にコロガせ!
当サイトスタッフが自腹で検証!
 利益ているスタッフ続出 
11月18日 エメラルド
------------------------
徳山 11Rに2,000円
2-3-5 64.3倍
---------↓-----------
児島 9Rに各11,600円
1-3-2 19.3倍
------------------------
413,020円
コロガシ成功!

>>「競艇ダイヤモンド」の検証結果をさらに詳しくみてみる<<

 

競艇ランキング公式 LINE

ここだけの情報を配信。是非皆様無料登録宜しくお願いします

競艇ランキング公式 YouTube

SG・G1レース回顧や注目選手の活躍にピックアップした動画などを随時配信中

チャンネル登録・いいねクリックぜひよろしくお願いします

この記事に対するクチコミ投稿
1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

コメントを残す

アップロードファイルの最大サイズ: 100 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ