競艇予想のコツ【実力・コース・機力・情報収集】

 

舟券を買うファンは舟券を的中させるため、あれこれと予想に頭を悩ませます。

悩み抜いて導き出した買い目で的中させたときは喜びもひとしおですが、当然ながら買うたびに毎度当たるわけではありません。

ここではそんな競艇(ボートレース)の「予想のコツ」についていくつか紹介いたします。

効果的な予想の仕方

ギャンブル予想に限ったことではありませんが、仕事でもプライベートでも生活の中で何かの知識やテクニックの向上を望む場合、まずは “その道のプロ” から知識や情報、そして手法を得ようとすることが有効です。

例えば、料理・家事ができない男性が、「できるるようになりたい」と思い立ってまずなにを始めるのが手っ取り早いかというと、そういったコツを紹介しているテレビ番組や、その手のプロが出版している本を読んだりすることです。例を出すなら「家事ヤロウ」などのテレビ番組はそれにうってつけです。いきなり自己的に料理・家事を始めてみると、途中で壁にぶつかり結局やらなくなってしまうケースも多いですが、初めからこういうツールを使用しておこなえば、効率の良さも楽しさも保証されているため長続きもします。つまり、先人・先輩・エキスパートから見聞きした情報を基に、自信の経験や考えでアレンジを加えていけば、より自分の“方法”を深めていくことができるようにもなります。

話を戻しますが、競艇・ボートレース予想の道にも当然 “プロ” は存在します。つまり競艇・ボートレース予想でも、そういった “プロ” の知識や情報、予想の仕方を利用するのが一番効果的です。

 

プロも参考にしている情報を知る

では、どういった人が 競艇・ボートレース予想の道の “プロ” なのかというと、取材と予想・執筆を生業とするボートレース記者、専門チャンネルで解説をするコメンテーターなどがそれにあたります。

彼らが、どのような情報を有力に扱い、どのような根拠で予想を組み立てているか?

これを知ることが、上手な予想をする何よりもの近道です。

ボートレースを深く知り尽くしているから故に「無駄がない」とも言え、その手法がもっともポピュラーであり、ベターであることは間違いありません。

実際に扱っている情報とは?

では、彼らがどんな情報を参考にしているか、というと、情報はざっくり「実力」「コース」「機力」で、これらの三大要素を根拠とし、そのレースで最も勝つ可能性が高いであろう「本命選手」を導き出しています。

「実力」情報

「本命」に値する選手は、以下の項目が出走する6選手の中で最も上位となる選手となることが多いです。

  • 「級別」
  • 「勝率」
  • 「スタート能力」
  • 「ターン能力」
  • 「過去の実績」

これらはある程度出走表からも確認できますが、徐々に自分の中でも情報を蓄えていくのが理想です。

「コース」情報

本命選手が決まれば次に「枠番」「コース」です。

先に決めた本命選手がどのコースから、どのようなレースをして勝つのか?その展開を予想します。有利であるインコースからのレースなら、その選手が逃げて勝つ可能性は高いです。

しかし、不利である6コースからのレースなら勝てないことも多分にあり、本命選手とするのは無理があったりもします。

そうなった場合はまた次の本命選手を探すことになります。

「機力」情報

そして切っても切り離せないのが “機力” です。機力が弱ければ、どんな実力選手でも思うようなレースができません。

一方、そのレースで実力下位と評価した選手でも、機力が強ければ、あっと驚くレースで本命選手を打ち負かすこともあったりします。

機力の情報を知る方法はたくさんありますが、ひとまずは公式の出走表でも機力の数字は確認できますし、各競艇場の公式サイトでもモーターの数字は公開されています。

当サイトでもモーター情報は公開してますので、是非とも参考にしてみてください

 

予想のコツ まとめ

競艇・ボートレースの予想のコツを紹介しました。

予想の仕方は様々ありますが、やはり王道パターンとしては、ボートレースを深く知り尽くしている人の予想の仕方を真似る、ということであり、参考にすべき情報は「実力」「コース」「機力」ということが分かったと思います。

特に、選手の実力が均衡する特別戦(SG・G1)などではそれが顕著に現れます。実力差がないだけに“実力”の次に重要な“コース”の有利・不利が顕著に出て内有利なレース展開が多くなりますし、それに機力の良さも加わればさらに確率も高まります。

このように実力・コース・機力をもとにした予想方法の精度を高めていけば必ず今よりも的中は多くなるはずです。

 


おすすめの記事