ヴィーナスシリーズ第22戦 なるちゃんバースデー5周年記念【ボートレース鳴門】
1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

 

2021年2月15日 公開

 

ボートレース鳴門では2月17日よりヴィーナスシリーズ第22戦 なるちゃんバースデー5周年記念競走が開催されます。

 

ヴィーナス第22戦 なるちゃんバースデー5周年記念 [注目ポイント]

いよいよ来週にレディースオールスターを控える中、連続で今月2度目のヴィーナスシリーズが開催となります。多くのA1選手は翌週出走のためA1選手は池田浩美選手のみに。それでも過去にG1を制している選手や、実力はA1級の選手たちが出場予定となっています。

特に「グレートマザー」とも言われる日高逸子選手がF3のフライング休みを終えて9月8日以来久々の登場となります。2000年前期ぶりのA1級陥落とはなりましたが、SGにも数多く出場し、名人戦(現在のマスターズチャンピオン)で優出歴があるなど女子レーサーでも、最上位クラスの実力を持っています。久しぶりの実戦とはなりますが、どんなレースを見せてくれるか非常に楽しみとなります。

お隣の丸亀では四国地区選手権で9名の女子選手が出場。今週は昼は鳴門、夜は丸亀と熱い四国の戦いを観戦するのがおすすめです。

 

ヴィーナス第22戦 なるちゃんバースデー5周年記念 [注目選手]

日高逸子

まずは本来であれば翌週のレディースオールスターに登場間違いなかった日高逸子選手。F3によるB2級降格とはなりましたが今節より再スタートとなります。6日間開催で予選7走。仮に毎回優出でシリーズ10走を計算したとしても4月30日の期末までフル出場し続けなくては来期のB1級昇格も難しいですが、そこは数々の試練を乗り越えてきた選手。結果も求めていきたいところでしょう。当地は昨年3月のレディースオールスター以来の出走となりますが優出率は50%を超え、2度の優勝もある水面。かつて女子王座決定戦を2度、クイーンズクライマックスを1度制した選手の復帰戦で非常に楽しみです。B2級となっているので見落とさないよう気をつけましょう。

関連記事

池田浩美

今節は唯一のA1選手として登場の池田浩美選手。昨年初夏には2節連続の優勝戦1枠を獲得、8月の蒲郡では豪快なまくりで優勝するなど好調に進め、2013年後期以来久々のA1級に復帰しました。今年に入ってからも2連続優出からスタートとまずまずの滑り出し。必然的に注目の集まる今節は期待したいところです。

今井美亜

2019年のクイーンズクライマックスでは鮮やかなまくり差しで優勝している今井美亜選手。2016年には第1回の3days バトルトーナメントでSG常連の男子選手相手にも優勝を挙げています。その一方で昨年は前期F2も経験し、優出3回止まりとムラのある成績になりました。しかし、噛み合えば怒涛の1着ラッシュもある侮れない存在。気配次第ではシリーズの中心を期待します。

その他注目選手

今期の級別審査ではわずかに産休明け最初のA1級復帰に届かなかった三浦永理選手は第1回の賞金女王決定戦の覇者。そろそろ復帰後の初優勝も見えてきているのではないでしょうか。

中谷朋子選手や渡邉優美選手は今期A1復帰が見えている好調さがあります。

昨年はF2によって持ち前のスタートも影を潜めていた落合直子選手も侮れません。

地元のベテラン淺田千亜希選手と岸恵子選手も地の利を活かして上位争いにくい込みたいところです。特に淺田選手は今節メンバーの中で過去4年当地での成績で最多の3度の優出をしています。

鳴門で前回優出は堀之内紀代子選手と平田さやか選手。それぞれ昨年秋の出走と比較的最近のことで、イメージよく臨めるのではないでしょうか。

 

ヴィーナス第22戦 なるちゃんバースデー5周年記念 [注目モーター]

今節使用されるモーターは昨年4月から使用されているもので、10ヶ月ほど経過しています。

今なお2連対率が50%を超えるエース機を筆頭に2連対率38%以上のモーターは10機のみ。今回は上位級のモーターを中心に、近況でも好調のモーターをいくつか挙げてみたいと思います。

11号機

まずは2連対率が50%を超え、優出11回、優勝3回と全てがトップの数字の11号機。A級の選手が使用すれば5連続で優出と選手の力を十分に出せるモーターです。

20号機

12月以降で5回の優出と好調なのは20号機です。年末から年始にかけては4連続優出もありました。直前節では総じてスタートが早く、行き足の良さが目立ちました。

23号機

先月のマスターズリーグで仲口博崇選手が優勝したモーターです。常に追い風が吹くようなシリーズでしたが、優勝戦は強い風にも負けない力強さで差し抜けての勝利。ターンのよさに注目のモーターです。

69号機

近況3連続優出の好調なモーターです。特に2節前には地元の興津藍選手がオール2連対で優勝。調整がとてもいいようでここ2節で着外はわずかに1回だけと確実に2連対率以上の動きを見せています。

63号機

直前節の優勝戦で前述の69号機に一度はまくられたものの、一度引いてからさらにまくり返しての優勝は63号機。風が強い中でその舟の向き方は非常に印象的でした。こちらも2連対率35%台とそれほど目立たないですが今節で追いかけたいモーターです。

60号機

続いて下出卓矢選手の60号機。先ほど挙げた22号機も4節前に使用しており、伸びアップに関しては注目の選手ですぐに結果が出るとは限りませんが、予選でもカドまくりを見せるなど動きは軽快だっただけに気になるモーターです。

その他

直前節でオール3連対で優出してきた35号機や3周での最速タイムの上位である34.71号機も気になるモーターです。

 

ヴィーナス第22戦 なるちゃんバースデー5周年記念 [まとめ]

なんといっても日高選手の復帰は嬉しい楽しみなシリーズが開幕となります。そのレースに注目したいところです。

今節からレディースオールスター最終日まで毎日続く女子戦。いまだ苦労の絶えない現況ではありますが、盛り上がりをみせる女子戦で選手たちは走りで光を与えてくれています。ファンとしましてもその頑張りを全力で応援していきましょう。

 

この記事に対するコメント

1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

コメントを残す


アップロードファイルの最大サイズ: 100 MB.

おすすめの記事