競艇予想サイト検証ランキング
ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)を徹底解説【水面特徴・コース攻略】
1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

ボートレース浜名湖の水面特徴・コース攻略から歴史・グルメまで詳しくご紹介します。

ボートレース浜名湖 概要

ボートレース浜名湖の歴史

初開催は1953年の8月で東日本で最初に設立された競艇場でもあります。その後1968年に現在の場所へ移転をしました。

外装は欧風のような佇まいをしており、中も非常に綺麗でお洒落なボートレース場として評価が高いです。

「日本一広い水面」と称されるボートレース場だが、もちろん施設内も非常に広く様々な角度からレースを楽しむことが出来ます。

アクセス方法

所在地:〒431-0301 静岡県湖西市新居町中之郷3727−7

電車・バス

    • JR 東海道線 新居町駅 徒歩3分(駅直結)

 

ボートレース浜名湖を攻略!

ボートレース浜名湖の水面特徴

ボートレース浜名湖は、その名の通り浜名湖の一角を利用したボートレース場です。水質は、海水と淡水の入り交じった汽水です。乗り心地が硬いと言われる淡水と、サイドがしっかり掛かって乗りやすい特徴のある海水の両面の特徴を持ち合わせているといえるでしょう。

広大な水面と豪快なレース

浜名湖は、24場でも有数の広大な水面です。1Mと向こう正面の間には126メートルの幅が設けられており、これは全国2番目の広さを誇ります。1Mが広く、奥行きが十分にあるので、レバーを握り込んだままにして回る全速ターンが効果的となり、常にセンター・アウトから全速戦が突き抜ける可能性を秘めているといえるでしょう。

そして、2Mとスタンドの間の幅も75.2メートルと全国でも2番目となる広さに設定されています。この2Mでは思い切り握って内の艇を包んで回るも良し、相手を先に回しておいて差し切るも良し、と多彩に動ける十分な広さとなっており2Mにおける攻防も注目ポイントです。

浜名湖は選手にとっては縦横無尽に駆け回ることができ、私たちファンにとってはそのダイナミックなレースを楽しめます。ボートレースを楽しむにはとても魅力的な水面といえるでしょう。

まくり差しの展開予想

舟券作戦はやはりインコース艇が軸となりますが、エンジンが仕上がっている選手を見つけることができれば、コース不問で舟券の軸にして狙うことで思わぬ配当を掴むことができるかもしれません。その場合は、まくり一辺倒で展開予想をするのではなく、スタートを決めて内艇の前を塞ぎながらインコース艇の懐を差す、いわゆるまくり差しのレース展開をイメージするといいかもしれません。

舟券の参考例☝

まくり差しはインコース艇が残りやすい傾向があるので、例えば3・4・5号艇あたりをアタマにして狙う場合は、1号艇を2着の本線にして狙うフォーメーション(3-1, 4-1, 5-1)などが有効となってきます。

風水面の攻略法

舟券作戦に関わる特徴として、浜名湖は “風水面” であることも挙げられます。風を遮るものがなく、浜名湖に吹く風の影響は多大なものになります。その風ですが浜名湖では、夏は向かい風、冬は追い風の割合が非常に高くなります。

ダッシュが優勢な向かい風、スローが有利な追い風というボートレースのセオリーがありますが、4-5メートル以上の強い風が吹くことが多い浜名湖ではこのセオリーがハマりやすいといえます。舟券を買う際には、しっかりと風を見極めて展開予想をするようにしましょう。

 

ボートレース浜名湖のレース情報

主要レース

レース名 浜名湖賞
競争格付け G1
開催時期 1~2月(周年記念レース)

企画レース

レース名 ランチタイム戦
実施レース 4レース
特徴 1枠にA級選手、他B級選手
レース名 ブレイクタイム戦
実施レース 7レース
特徴 1号艇、4号艇がA級選手、他B級選手

 

ボートレース浜名湖のグルメ

鰻丼

店 名 フラワーレストランなど
おすすめメニュー 鰻丼
場所 2階 1マーク付近

海老フライ・串カツ

店 名 売店各種
おすすめメニュー 海老フライ・串カツ それぞれ¥100
場所 2階 投票所付近など

 

静岡支部所属の注目選手

服部 幸男

名 前 服部 幸男(はっとり ゆきお)
登録番号 3422
生年月日 1971/01/05
出身地 静岡県
登録期 64期
血液型 B型

「静岡の首領(ドン)」と称される静岡支部を代表するベテラン選手。1992年若干21歳にしてSG制覇(史上最年少記録)を達成し1990年頃の静岡支部において人気ナンバーワンを誇りました。現在では主流となっている決まり手の1つ「まくり差し」を生み出したことでも有名。

当時トップ選手たちを一堂に集まって撮影されたボートレース公式CMでの台詞「水の上では先輩も後輩もない」と言う言葉はファンの間で未だに服部選手を語る代名詞となっています。

強面の風貌と強気の発言が若手の頃から先行しがちですが、長嶋 万記、三浦 永理といった静岡支部を代表する女子ツートップ選手の師匠であり、最近では静岡支部の若手のホープ柴田 百恵選手にアドバイスを送ることも多い。特に柴田選手には「お父さんのような存在」と慕われており服部選手も百恵ちゃんと呼び可愛がっている(ボートレース蒲郡の公式チャンネル動画「勝ガマ」のインタビュー中に突然服部選手を呼び出してきて何も知らないスタッフを震え上がらせるも名前を間違えて柴田選手によく怒られるなどエピソードを暴露される)

徳増 秀樹

名 前 徳増 秀樹(とくます ひでき)
登録番号 3744
生年月日 1974/11/29
出身地 静岡県
登録期 75期
血液型 A型

史上13人目の全国24場制覇を達成した静岡支部を代表するベテラン選手です。輝かしい実績を誇りながらSGタイトルには長らく無縁も2020年の第30回グランドチャンピオンにて45歳にて念願のSG制覇を達成しました。同県で同期のライバルとして切磋琢磨しながら、2017年にがんでこの世を去った今坂 勝広さんの思いを今も背負い走り続けています。

2021年には「公益のため多額の私財を寄附したので、令和3年1月30日、紺綬褒章を授かった者」という理由より紺綬褒章を受賞しました。

SGやG1でのインタビューで節間の目標を聞かれた際は「とにかく濃く走ります」と答えるのが恒例。「ボートレーサー徳増秀樹 濃いめのスタンプ」というLINEスタンプも作られ販売されている。

菊地 孝平

名 前 菊地 孝平(きくち こうへい)
登録番号 3960
生年月日 1978/08/16
出身地 岩手県
登録期 82期
血液型 AB型

デビュー2日目にて初勝利、3年で初優勝を発生するなど若手の頃からトップ戦線で常に活躍している選手です。その最大の特徴は、全国トップクラスのスタートセンスで速攻派の選手として有名です。若手の頃から同期の坪井 康晴選手、横澤 剛冶選手と共に「静岡三羽ガラス」と称されている。

山登りやキャンプを大の趣味としており横澤選手と静岡県内の山を購入。ゴリランドというキャンプ施設を作り静岡支部の後輩を誘ったキャンプイベントの主催することもある。

岡山支部の茅原 悠紀選手とは一回り近い年齢が離れているが茅原が若手の頃にキャンプ関係の雑誌を読んでいたことを知ると「お前、山やるの?」という言葉をきっかけに意気投合し。相思相愛のコンビとして現在に至ります(茅原は当時この際に「キャンプは好きでしたけど山ってやるもの?」と心の中で思っていた)

深谷 知博

名 前 深谷 知博(ふかや ともひろ)
登録番号 4524
生年月日 1988/04/01
出身地 静岡県
登録期 103期
血液型 A型

養成所時代からトップレベルの成績を残し、デビュー戦で初勝利を記録し早くから期待される。2020年には地元の周年記念G1である浜名湖賞を優勝するとその年のボートレースダービーでSG初優出。勢いそのままに勝利し念願のSGタイトルを獲得しました。奥様の鎌倉 涼選手もトップクラスで活躍し最近では「夫婦最強レーサー」と称される。

2021年のSGボートレースオールスターでは深谷選手、鎌倉選手それぞれが選出され夫婦共演でも話題にもなりました。

公式YouTubeチャンネルを開設しており峰 竜太選手(佐賀)、丸野 一樹選手(滋賀)などトップレーサーとのコラボ動画でボートレーサー目線の面白い動画を配信することにも最近は精力的に活動。

コメント一覧

1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

コメントを残す


アップロードファイルの最大サイズ: 100 MB.

おすすめの記事