競艇予想サイト検証ランキング
【競艇予想】2021年 第56回SGボートレースクラシック【ボートレース福岡】
1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

 

2021年3月20日 公開
2021年3月23日 更新

 

ボートレース福岡では3月23日よりSG 第56回 ボートレースクラシックが開催されます。

いよいよ開幕の今年最初のSG。選手たちはもちろんのこと、ファンの我々としても今年を占う6日間とも言えるのではないでしょうか。

 

SGボートレースクラシックとは

ボートレースクラシックとは、正式名称が鳳凰賞競走(ほうおうしょうきょうそう)といい、ボートレースのSG競走の1つで第1回より総理大臣杯の下付が行われています。

出場資格

  • 前年度優勝者
  • 前年のグランプリの優勝戦出場者(6名)
  • 前年1月1日 - 12月31日に行われたSG・GI/PGI・GII競走における優勝者
  • 前年1月1日 - 12月31日に行われたGIII以下の競走
  • 前年の全国ボートレース甲子園競走優勝者(2020年開催より制定)
  • 当年の地区選手権(全6地区の)優勝者、ただし出場選手発表後の競走で、重複の場合は予備選手の繰り上がり。

賞金

優勝賞金は 3900万円。

なお優勝戦出走者にはBOAT RACE振興会よりメダルが授与される。

2021年の開催における注意点

SG 第56回 ボートレースクラシック開催中のボートレース福岡は入場制限が行われる予定です。初日から4日目の予選期間は多数の来場があった場合に入場制限が行われます。お帰りになった方がいても入場の再開はしないため、どうしても現地へ向かわれるという方はお早めに入場されることをおすすめします。準優日、最終日については事前申し込み制での入場となっています。例外として、いずれの日も指定席券を事前申し込みの方は入場制限に関係なく入場することが出来ます。

 

SGボートレースクラシック 展望

再来月のオールスターと連続での地元SGとなる福岡支部からは昨年のグランプリを戦った瓜生正義選手、西山貴浩選手、篠崎仁志選手、岡崎恭裕選手など主力が揃って参戦。

昨年5冠を達成し、人気実力ともにNo.1の座を固めつつある峰竜太選手や前人未到の同一SG3連覇を狙う吉川元浩選手ら強力な遠征勢。

さらに地区選手権で優勝し最終切符を手にした選手や、繰り上がりでSG初出場に届いた選手と顔ぶれは様々です。まずは年末へ向けて大きく前進するのはどの選手か。

SGボートレースクラシック 注目選手

瓜生正義
やはり福岡のエースといえば瓜生正義選手。昨年は下関、平和島と周年を2度優勝。SGオーシャンカップではファイナル1号艇も手にしています。当地での活躍は2009年の笹川賞(ボートレースオールスター)や2011年のモーターボート記念(ボートレースメモリアル)、2016年のダービーとSG3勝。当地での大レースでは現役最強クラスの強さを誇ります。
峰竜太
昨年はオーシャンカップとグランプリのSGV2。さらに優勝14回と圧倒的成績で史上初のタイトル5冠を達成した峰竜太選手。今年も九州地区戦を含むV3と好成績を残しています。唯一の不安は久々のF1のハンデを背負うこと。現役屈指のターンスピードでどこまで上り詰めるか注目です。
吉川元浩
今年、前人未到の同一SG3連覇に挑むのは吉川元浩選手。その大記録も現実となる期待は高まっています。それもそのはず、当地は2018年の65周年、2019年のオールスター、2020年の67周年と3連続優勝中。いずれもG1以上でも活躍で今節も大崩れは考えにくいでしょう。2つの連覇が継続した時、大記録の達成となります。
桐生順平
関東地区選手権で最後のチャンスをものにした桐生順平選手。昨年は一般戦のV3のみでグランプリの出場も逃していました。しかし今年は最終日まで行われた7節のうち6回で優出。既にV4と完全に低調期を脱却した模様です。当地も一昨年の66周年で優勝。勢いと水面相性で早々とグランプリ復帰へ大きく近づきたいところです。
丸野一樹
昨年はダービーを除くSGにフル出場した成長著しい丸野一樹選手。今年の年始から3連続でポールポジションでの優出と好スタートを切っていました。尼崎周年ではトップスタート連発の上々の立ち回りで優勝。直前の若松でもSGウイナーを振り切って優勝と早くも獲得賞金は3000万円を突破して堂々のトップに立ちます。このまま初のグランプリへ。そのためにも最初のSGの戦いが重要となってきます。
その他注目選手
地元からは昨年のオールスター覇者である篠崎仁志選手やグランプリ優出と水面上でも躍進した西山貴浩選手、当地の正月シリーズで優勝戦1枠を手にした岡崎恭裕選手と主力が出場します。遠征勢では昨年のSG優勝者である寺田祥選手や深谷知博選手、深川真二選手にも注目ですね。昨年優勝回数の特にと多かった守田俊介選手や上野真之介選手、岩瀬裕亮選手あたりも上位争いを期待します。

SGボートレースクラシック 狙い目モーター

今節使用されるモーターは昨年8月より使用されており7ヶ月半ほど経過しました。2連対率だけ見れば50%前後のものも4機あり、やや抜けている印象です。

しかし、下位のモーターにも優出を重ねるモーターもあることから、まだまだ掘り出し物はあるかもしれません。今回も様々な角度から注目機を挙げていきます。

  • 65号機
    2連対率トップのモーターです。昨年秋の67周年で吉川元浩選手が優勝もしています。2節前にも大庭元明選手が優勝。前節は優勝戦でアクシデントとなり影響が心配されますが脚自体は節イチ級の伸び。今節でも活躍を期待します。
  • 30号機
    近況最も安定感あるのがこのモーターです。準優で2度敗れているものの、3節続けて予選5位以内での通過。3周最高タイムもトップタイとなっています。直前節では優勝戦1枠となっており65号機と大競りに。しかし、スタート後も唯一伸び返していた印象で引き続き上位級と見ます。
  • 24号機
    もともと上位級の力があり、2節目で優勝をしていましたが年明け2節は今ひとつ。しかしその後、地元A級選手が3節続けて使用し基礎が固められ2節前の松江秀徳選手がオール3連対でV。近況上昇中です。
  • 46号機
    展示タイムの平均順位が2.0でトップタイとなっているモーターです。出足から直線の繋がりにかけてがよく、1着が取れなくともレースのしやすさから3連対率が65号機を上回る71%と高い数字を残しています。
  • 38号機
    2連対率30%に満たないモーターですが、3節前の松村敏選手から気配上向きです。直前節には機力出しで注目となることの多い平尾崇典選手が使用。節間6勝を挙げた他、展示タイムの良さも目立ちました。穴ならこのモーターと期待します。
  • この他、年末の桑原悠選手が5日間開催で7勝オール3連対の28号機、3周最高タイムがトップタイで直前節優出の25号機、2連対率の割に1着率が上位と1発に期待の35号機にも注目。

SGボートレースクラシック 水面攻略

ボートレース福岡(福岡競艇場)を徹底解説【水面特徴・コース攻略】

 

ライター別予想・買い目

初日・12R ドリーム戦

本紙
3連単
1-6=全 計8点
3連単
1-23-23456 計8点
3連単
1-5-36 計2点
3連単
4-1=全
1-4-23 計10点

3連単
1-236-236 計6点

 

第56回SGボートレースクラシック まとめ

やはりSGとなると6日間で今年の賞金ランクは大きく動いてくることは間違いなし。今なお何かと制限の多いご時世ですが、年末へ向けて、明るい未来へと向けて選手たちは戦います。

各地で開花した桜と共に、福岡の地で咲き乱れるのはどの選手となるでしょうか。注目の6日間です。

 

この記事のコメント

1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

コメントを残す


アップロードファイルの最大サイズ: 100 MB.

おすすめの記事