『PIT』では総額1000万円分がもらえるキャンペーンを実施中!≪期間限定≫
~キャンペーン参加手順~
① 上記バナーまたは下記URLより指定ページに飛んで、「無料会員登録」ボタンをタップ
② メールアドレスを入力して登録を完了させる(※GmailかYahooであれば捨てアドでもOK)
たったこれだけ!
あとはログインしてちゃんともらえているか確認しましょう!
1000万円キャンペーン専用ページはこちら
※指定URL以外から登録するとキャンペーン対象にならないのでご注意ください
第37回 SGグランプリ2022【ボートレース大村】徹底解説!
1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

 

2022年12月13日から18日の6日間にわたって、ボートレース大村で第37回SGグランプリが開催されます。

第37回 SGグランプリ2022 概要

開催日 2022/12/13-2022/12/18
開催地 ボートレース大村
グレード SG
優勝賞金 1億円/1700万円

第37回SGグランプリの見どころ

優勝賞金1億円と2022年賞金王をかけた熾烈な争いが繰り広げられる事は間違いありません。またグランプリ競争がボートレース大村で開催されるのは初めてですので、インコースの強い大村でどういったレースが展開されていくのかという点も注目すべき点でしょう。

グランプリは賞金ランキングの上位18名しか出場する事が出来ず、更に予選もトライアル1stとトライアル2ndに分けられる特殊な大会。トライアル1stは初日と2日目に開催され、賞金ランキング7位から18位が参加します。そのトライアル1stでの成績上位6名がトライアル2ndに進む事が出来、トライアル2ndからはトライアル1stでの成績上位6名と賞金ランキング1位から6位が参加します。トライアル2ndは3日間開催され、そこでの成績上位6名が最終ステージのグランプリの優勝戦に駒を進める事が出来るというわけです。

① 枠番抽選

競艇王子
ボートレースは圧倒的に1コースが強い競技なのは周知ですが、グランプリの枠番は6日間開催される中で「2日目」「4日目」「5日目」に関しては抽選で決められます。つまりくじ運が良ければ抽選で3回も1コースから出走する事が可能で、くじ運もグランプリで勝ち残る為の重要な鍵となってきます。特に今年はボートレース大村で開催されるというだけあって、誰がポールポジションの1号艇を引き当てるのか、注目せずにはいられません。

② トライアル2nd初日(3日目)

トライアル1stから見どころなのは勿論なのですが、トライアル2ndからは賞金ランキング上位6名が参加するということもあり特に3日目は注目となります。実はトライアル2ndからの参加組は、グランプリにおいて大きなアドバンテージを持って参加する事が出来ます

競艇王子

まず3日目の予選においては6名は賞金ランキング順に内枠を走る事が出来るということ。つまり賞金ランキング1位と2位は3日目に1号艇から出走が出来る仕組みとなっています。更にモーターも上位6つのモーターから6名は抽選する事が出来るので、調子の良いモーターを引ける確率もグッと高くなります。加えてトライアル2ndからの参加組でも初日からレース場にはいるため、モーター整備やプロペラ調整といった仕事をじっくりとする事が出来ます。

ただし、2日間レースには参加しないため、トライアル1stから勝ち抜いた6名とレースする上でその点においてのみハンデになるケースもあるかもしれません。そんなトライアル1st組とトライアル2nd組が最初にぶつかる3日目には熱いレースが期待されます。

③ 優勝戦

競艇王子

当然のことながらグランプリ最大の見どころはやはり優勝戦です。2022年の賞金王が決まるレースとだけあって、優勝戦に駒を進めた選手の気合いは1年の中でも最高と言っても過言ではありません。

今年のグランプリで賞金王を制した事があるのは瓜生、池田、桐生、石野の4名ですが、全員がトライアル1stからの参加組。トライアル2ndからの参加組はまだ誰もグランプリでの優勝は未経験だけあって、5日間の予選から目を離す事は出来ないでしょう。誰が優勝戦に駒を進めるのか、12月18日の優勝戦が今から楽しみです。

各種出場選手

SGグランプリ出場選手

順位 選手 獲得賞金額
1 4262  馬場貴也  (滋賀) ¥137,622,000
2 4205  山口剛  (広島) ¥121,955,457
3 4459  片岡雅裕  (香川) ¥92,111,485
4 3779  原田幸哉  (長崎) ¥91,175,000
5 4524  深谷知博  (静岡) ¥89,031,000
6 3960  菊地孝平  (静岡) ¥86,000,000
7 3897  白井英治  (山口) ¥83,800,457
8 3941  池田浩二  (愛知) ¥83,543,000
9 4444  桐生順平  (埼玉) ¥82,847,133
10 4787  椎名豊  (群馬) ¥80,285,133
11 4168  石野貴之  (大阪) ¥78,266,000
12 4238  毒島誠  (群馬) ¥75,858,000
13 4502  遠藤エミ  (滋賀) ¥75,637,200
14 4586  磯部誠  (愛知) ¥74,230,000
15 4831  羽野直也  (福岡) ¥70,660,833
16 4719  上條暢嵩  (大阪) ¥66,233,000
17 3783  瓜生正義  (福岡) ¥65,417,000
18 4686  丸野一樹  (滋賀) ¥64,095,000

グランプリシリーズ出場選手

順位 選手 獲得賞金額
19 4013  中島孝平  (福井) ¥62,324,000
20 3557  太田和美  (大阪) ¥62,158,500
21 4851  関浩哉  (群馬) ¥61,816,000
22 4337  平本真之  (愛知) ¥61,250,000
23 4290  稲田浩二  (兵庫) ¥60,959,066
24 4024  井口佳典  (三重) ¥60,627,500
25 3942  寺田祥  (山口) ¥56,809,000
26 3415  松井繁  (大阪) ¥56,763,000
27 4028  田村隆信  (徳島) ¥55,478,177
28 4504  前田将太  (福岡) ¥55,267,200
29 4350  篠崎元志  (福岡) ¥53,338,000
30 3573  前本泰和  (広島) ¥52,892,666
31 3946  赤岩善生  (愛知) ¥52,746,485
32 4074  柳沢一  (愛知) ¥52,303,000
33 4296  岡崎恭裕  (福岡) ¥51,942,066
34 4362  土屋智則  (群馬) ¥51,799,399
35 3623  深川真二  (佐賀) ¥51,151,319
36 4494  河合佑樹  (静岡) ¥50,306,000
37 4682  大上卓人  (広島) ¥48,044,500
38 4932  新開航  (福岡) ¥46,609,000
39 4042  丸岡正典  (大阪) ¥46,365,000
40 4398  船岡洋一郎  (広島) ¥46,272,457
41 4643  近江翔吾  (香川) ¥45,887,000
42 3590  濱野谷憲吾  (東京) ¥45,529,266
43 4445  宮地元輝  (佐賀) ¥45,279,000
44 4760  山崎郡  (大阪) ¥45,020,111
45 4061  萩原秀人  (福井) ¥45,018,838
46 4503  上野真之介  (佐賀) ¥44,120,000
47 4075  中野次郎  (東京) ¥44,000,799
48 4237  大峯豊  (山口) ¥43,333,000
49 4371  西山貴浩  (福岡) ¥42,733,166
50 4311  岡村仁  (大阪) ¥42,675,000
51 4297  山田哲也  (東京) ¥42,614,069
52 4482  守屋美穂  (岡山) ¥42,541,000
53 3780  魚谷智之  (兵庫) ¥41,895,000
54 3961  谷村一哉  (山口) ¥41,213,000
55 4848  仲谷颯仁  (福岡) ¥41,211,000
56 4573  佐藤翼  (埼玉) ¥41,093,133
57 4685  島村隆幸  (徳島) ¥40,686,666
58 4064  原田篤志  (山口) ¥40,567,000
59 4266  長田頼宗  (東京) ¥40,302,618
60 3822  平尾崇典  (岡山) ¥39,959,066

無料予想 🎯 的中速報‼
オーシャンの直近的中
11月10日(木) 多摩川7R 14万円超え🎯

結果
多摩川7R
着順
4-1-6
オッズ
74.1倍
舟券代
16,000円
払戻金
14万8200円
12月06日(火) 蒲郡2R 1-3-4 払戻 29,400円
12月06日(火) 戸田8R 2-1-3 払戻 91,200円
12月06日(火) 戸田7R 2-1-3 払戻 23,200円
断然人気でサイト利用者数は業界No.1!
「オーシャン」

第37回 SGグランプリ2022 展望

前回大会回顧

21年住之江大会は歴史的大返還、これまでにない大きな波乱の内に閉幕しました。その波乱のグランプリを制したのは4号艇瓜生正義選手。5号艇白井英治選手の前付けに抵抗、主張した3コースから「ここしか!」そんなタイミングで繰り出した強ツケマイで首位に躍り出ました。1号艇峰竜太選手は窮屈な状態から強引に先マイに向かいますがブイに激突、2号艇丸野一樹、3号艇平本真之、6号艇毒島誠選手らが行き場をなくして次々と転覆。事故を交わした5号艇白井英治選手が競走上に残りました。2艇のみが3周するまさかの景色にスタンドは悲鳴に包まれました。これにより3連単は不成立で全返還となりました。アツいレースにも期待しますがまずは6艇が無事ゴールすることを祈ります…。
~結果~
2連単【4】【5】13,110円(21番人気)
3連単 不成立

V候補本命5選

優勝争いは、グランプリセカンド組が優勢、今年はどうか?
現在のようにトライアルファースト12名とトライアルセカンド6名の形になったのは2014年。ファースト12名で2走し、得点上位6名がセカンドへ勝ち上がり。セカンド6名と合わせた12名で予選3走、得点上位6名がファイナルで戦う図式です。現在の方式になったグランプリ8戦を振り返るとファーストから勝ち上がって優勝した例は過去3件。残る5件はセカンド組から優勝者が出ています。セカンドから走るアドバンテージは大きいのです。単純な出走数も関係ありますが、調整面でも影響があると考えられます。セカンド組は開催初日、二日目はレースがなく試運転と調整をみっちり行う時間があります。初日から走るファースト組は調整時間がたりず、万全の状態で臨めないリスクもあるのです。優勝候補本命を挙げるとするなら、やはり賞金ランキング1位から6位のトライアルセカンド発進の選手が有望に。それを踏まえて優勝候補本命5選手を挙げましょう。
馬場貴也(4262)

近年のシガシブ旋風の筆頭が賞金ランキング1位でグランプリに乗り込みます。グランプリは18、19、21年と過去3度出場して、ファイナルは未経験です。今年は自らの手で掴み取ったトライアルセカンドの初戦1号艇の後押しがあります。何よりも、今年1年の強さを思えば圧倒的な優勝候補と言えるでしょう。艇界最速の男がいざ、偉業達成へ。
山口剛(4205)

鳴門チャレンジカップでは優勝戦1号艇で勝ち進むも惜敗。久々のSG優勝が見えていただけに残念でしたが、これもまた発奮材料です。打ちひしがれる絶望的な経験こそが何よりの糧となるのです。今年はエンジン出しも絶好調、流れは今この選手に向いています。
菊地孝平(3960)

特大の絶望を経験したのは菊地選手も同じです。浜名湖メモリアル、常滑ダービーで1号艇で優出するも惜敗。ダービーの表彰式で見せた自らに苛立ち、憔悴しきった表情が今も忘れられません。もう二度とあんな思いは…。あの経験が菊地選手を高みへと導きます。
石野貴之(4168)

そのベビーフェイスとは正反対に、集中力を極限まで高めたときの鋭い眼光には凄みを感じます。集中力と勝負強さを武器にあっと驚く大技で突き抜けることも少なくありません。通算でG1が9優勝、SGも9優勝。データが大舞台での勝負強さを裏付けています。
瓜生正義(3783)

走る選手会長として多忙の中、グランプリに出場。今年は勝ち切れない流れの中、賞金ランキング17位に踏みとどまった辺りにさすがの底力と意地を感じます。グランプリは過去2冠、歴代最多タイとなる3冠を見据えてトライアルファーストから駆け上がります。

ダークホース5選

誰よりも強い思い入れを持ちこの舞台に辿り付いた、長崎支部の大エースが気合いの走りで突き進みます。今年、赤丸急上昇のあの選手も堂々と好勝負。悪夢を見たあの選手も挽回意欲は高まります。愛知支部最強師弟コンビも揃ってグランプリの舞台に登場します。
原田幸哉(3779)

地元の大村にグランプリがやって来る。そこに必ず出場する。そう決意し、持てる力を全て注ぎ込み、悲願の出場に漕ぎ付けました。ただ、出場はスタートラインに過ぎません。たった一つの最大目標は優勝の栄光、本当の勝負が今始まります。調整や水面特徴など地元のアドバンテージは計り知れません。何より、地元ファンの声援も後押しになります。
片岡雅裕(4459)

尼崎オーシャンカップでSG初優出、浜名湖メモリアルを6コースから制して初優勝。昨年と比較しての飛躍っぷりはどの選手よりも強烈な上げ幅です。超短期決戦は流れも重要。その流れは今、片岡選手に向いています。堅実なコーナー戦を武器に勝負を挑みます。
白井英治(3897)

浜名湖メモリアルの優勝戦で悪夢のフライングに散って衝撃を与えました…。その後、いつかの勝利者インタビューでそのことを自ら持ち出し謝罪。「生き様を見ていて欲しい」と付け加えファンの心を打ちました。悲願のグランプリ制覇へ、ガチンコの大勝負です。
池田浩二(3941)

唐津グランドチャンピオンを制覇。的確で精度の高いハンドルワークで、相変わらずの安定感と強さを発揮しています。グランプリは過去2冠の実績を持ちますが、2015年以降優出はなし。近年、戻ってきた強さならその連敗も今年でストップがかかりそうです。
磯部誠(4586)

将来が嘱望された、池田浩二選手の愛弟子が近年はいよいよ本格化してきました。東海地区選、丸亀周年記念を優勝。宮島オールスターでは予選首位通過の準優1号艇も経験しました。将来、必ずグランプリを獲る器の選手です。それが今回でも不思議はありません。

 出場選手 一覧

#馬場貴也 #山口剛 #片岡雅裕 #原田幸哉 #深谷知博 #菊地孝平 #白井英治 #池田浩二 #桐生順平 #椎名豊 #石野貴之 #毒島誠 #遠藤エミ #磯部誠 #羽野直也 #上條暢嵩 #瓜生正義 #丸野一樹

 注目モーター5選

好素性のモーターは探せば見つかりますが、突き抜けるようなモンスターは不在です…。そんな中ですが、数字を積み重ねてきているものは内容もしっかりしています。
51号機
出足 A  行き足 B+  伸び B+
2連率トップだけあって、内容は悪くありません。使い始めたころの方がインパクトはありましたが、近況はまた上昇中。どちらかというと出足タイプです。素性がいいだけに一流選手が調整をすれば、あっと驚くハイパワーに変貌を遂げても不思議はありません。
50号機
出足 S  行き足 A  伸び A+
西山貴浩選手が初下ろしで優勝したモーターです。近況は、山口真喜子選手が優出したことで話題を呼びました。特徴は出足、回り足。ここに伸びが付けばかなり良さそうです。
57号機
出足 B+  行き足 A  伸び S
直前のシリーズで乗っていたのが菅章哉選手。当然ペラもスガ仕様です。そこがどうでるか。ちなみに菅選手はスリットからボートひとつ分は出て行く超抜クラスの伸びでした。
22号機
出足 A  行き足 S  伸び S
もうひとインパクト欲しい所ではありますが、現状でも行き足、伸びは悪くありません。このシリーズで化けそうな予感もしています。特にスリットの行き足には力を感じます。
63号機
出足 A+  行き足 A  伸び A
直前のルーキーシリーズで近江翔吾選手が優勝。威張れる部分はなくともバランスが取れて少しずついいような仕上がりでした。調整を外すと下降も、合えば楽しみはあります。
グランプリでは通常、2連率の高いものから使われます。2連率上位18基を網羅させて一挙にご紹介します。特に期待したのが先に挙げたオススメ5基ですが、これから紹介する13基も性能は良さそうです。なおここに挙げた18基が必ず使われるわけではなく施行者や記者が選んだものが使われることも十分にあり得ますのでその点はご了承下さい。
残り13基 全紹介!

41号機 伸びが目立っていた物が、石川真二選手の調整で行き足、回り足タイプに。
59号機 乗り手次第では伸びが仕上がる。近況はちょっとおとなしめでどう動くか。
43号機 強調部分はなくとも減点部分もない。優等生タイプですがパンチは欲しい。
20号機 スリット後の加速に、バックの伸びも上々。行き足は武器になりそうです。
18号機 出足、回り足が良くレースで競って映えるタイプ。即戦力で期待できそう。

58号機 正味のパワーは上位に分類。調整の幅は狭くとも、合えば大爆発まで期待。
60号機 これまでの乗り手の特徴もあって完全な伸び型。その伸びはかなり魅力的。
76号機 乗り手で数字を稼いでいて足の印象は低め。近況も目立つパワー感はなく。
31号機 一時はかなり伸びていて、近況もその伸びは中上。合えばスリット足も◎。
29号機 夏場は全部の足が来て快走も近況は目立たず。あの足が戻れば楽しみだが。

49号機 基本は伸び型もチルトやペラの調整に反応があって自在度の高い調整可能。
52号機 出足、回り足タイプで近況は伸び下降。一時期は伸びも良かっただけに…。
25号機 中堅クラスの評価でインパクトは低め。下がることはない程度の中堅評価。

 舟券作戦

コース争いから超過激!よく見るあの進入隊形で有利なのは?

トライアルファーストは2戦、トライアルセカンドは3戦、一つも落とせない超ヒリヒリとしたレースが続きます。イン最強水面とあり外からでは展開待ちになり前付けに動く選手が続出。そして当然それには抵抗する選手がほとんど。よく見るのが例えば6号艇が動くも、他5艇が抵抗、結局は全艇スローの100メートル起こしのレースです。この場合、インは不利になる?有利になる?考えに個人差がある前提ですが、オールスローで有利なのはイン艇です。ダッシュが利いたまくり艇が不在、おまけにイン艇にとっての壁が何重にも存在。内ほど有利な逃げた、差した、握ったの単調なレース傾向です。コースが入れ替わったからといって安易な穴狙いをしていると、失敗のもとになってしまいます…。実力、パワーが均衡すればするほど内が有利です。その中で最も有利なのがイン艇です。

無理な勝負は厳禁!広い視野で冷静な判断を!

年に一度のビッグレース、さらにトライアルレースとなると見ているファンも気分は高まり、なぜか勝負に出たくなるものです。ただ、終わってみればド本命決着でかすりもせず…。そんなことになりかねません。1日通して勝負できるレースを厳選し、より自信のあるレースで勝負をしてください。常に冷静判断、お祭り気分で大雑把に参加しているとすぐに資金は尽きてしまうでしょう。見物投票は少額で、勝負レースは気合いを入れて、そんなメリハリが重要です。ボートレースファンにとっては永遠の課題かもしれませんね。

『競艇ファンタジスタ』では総額1000万円分がもらえるキャンペーンを実施中!≪期間限定≫
~キャンペーン参加手順~
① 上記バナーまたは下記URLより指定ページに飛んで、「無料会員登録」ボタンをタップ
② メールアドレスを入力して登録を完了させる(※GmailかYahooであれば捨てアドでもOK)
たったこれだけ!
あとはログインしてちゃんともらえているか確認しましょう!
1000万円キャンペーン専用ページはこちら
※指定URL以外から登録するとキャンペーン対象にならないのでご注意ください

第37回 SGグランプリシリーズ2022 展望

V候補本命5選

グランプリだけにドラマがあるわけではありません。必ず勝ちたい、勝たなければいけない。アツいドラマがこのグランプリシリーズにもあるのです。意地の激走に期待します。
平本真之(4337)

GP出場をかけた鳴門チャレンジカップで気合いの走りで優出。カドからコンマ04のトップスタートを仕掛けるも6着。出場ボーダーほんの少し下、22位で涙を飲む事に。21年GPファイナリストがその意地とプライドをかけて。全身全霊勝つために走ります。
西山貴浩(4371)

二年連続のGP出場はなりませんでしたが、これで腐る男ではありません。根っからのエンターテイナーが常にファンを思い、その期待に応えます。やってやろう、そんな強い意志で必ずや見せ場を作ってくれることでしょう。大村は実績、相性もいい得意水面です。
中島孝平(4013)

賞金ランキングは19位。18位の丸野一樹選手に一歩及ばずの次点でGP出場を逃すことに。この雪辱は早々に晴らす思いです。21年GPシリーズではファイナル1号艇で勝ち進むも2着惜敗。その借りも必ず返す。必ず勝たなければならない理由があるのです。

ダークホース5選

かつて、SG戦線で常に主役級の活躍を見せた、85期銀河系軍団。過去の栄光にするにはまだ早い。近年はまた輝きを取り戻している快速軍団が強さで存在をアピールします。
丸岡正典(4042)

柔和な表情、人柄とは対照的にレースは常に攻撃的。豪快なまくりに、柔軟な差しと使い分ける器用さも持ち合わせ銀河系軍団の中でも総合力の高い選手です。今年は尼崎オーシャンカップで優出するなど、最前線でも主役を張れるハンドルテクニックに陰りはなし。
井口佳典(4024)

今年出場したSGは、ダービー、チャレンジカップの二大会のみ。賞金争いにおいて圧倒的に苦しい状況の中でもめげず、G1で4優出、G2で優勝、G3で優勝と賞金を稼いでランキングは24位に押し上げました。ここ一番の勝負強さ、集中力は銀河系でも一番。
田村隆信(4028)

ダービーで優出ノルマを達成し、見事に地元鳴門開催のチャレンジカップに出場、連日の意地と気迫が溢れる走りにアツくなったのはつい先日のことです。エリート集団、銀河系軍団の中で最も早く出世を果たした“銀河の一番星”が大村の寒空でキラリと輝きます。

 出場選手 一覧

#松井繁 #太田和美 #前本泰和 #濱野谷憲吾 #深川真二 #魚谷智之 #平尾崇典 #寺田祥 #赤岩善生 #谷村一哉 #中島孝平 #井口佳典 #田村隆信 #丸岡正典 #萩原秀人 #原田篤志 #柳沢一 #中野次郎 #大峯豊 #長田頼宗 #稲田浩二 #岡崎恭裕 #山田哲也 #岡村仁 #平本真之 #篠崎元志 #土屋智則 #西山貴浩 #船岡洋一郎 #宮地元輝 #守屋美穂 #河合佑樹 #上野真之介 #前田将太 #佐藤翼 #近江翔吾 #大上卓人 #島村隆幸 #山崎郡 #仲谷颯仁 #新開航

 注目モーター5選

ここで紹介したものは、グランプリで使われる可能性も秘めています。数字はそん色なく、近況の動きがいいこともその理由です。正直、グランプリで使われるであろうモーターよりも遥かに動いているものも。もしシリーズで使われれば活躍は約束レベルでしょう。
81号機
出足 A  行き足 S  伸び S
2連率19位ですが場合によってはグランプリで使われるかも…。18位の25号機よりは確実にパワー評価は上です。特徴は伸びですが調整次第では出足もしっかりとします。
65号機
出足 S  行き足 A  伸び B
行き足、伸びが特徴でしたがルーキーシリーズで中村日向選手が好みの出足タイプにシフトチェンジ。その出足はいい方です。差し、ツケマイとターンでその性能を発揮します。
28号機
出足 S  行き足 S  伸び S
ルーキーシリーズの定松勇樹選手のペラで大変身を遂げました。出足も伸びも全部がパワフル。トライアルセカンドに入ってもむしろ威張れるのではという超注目モーターです。
53号機
出足 A+  行き足 A+  伸び A+
近況の上昇度は注目レベルです。チルトを下げれば出足タイプに、少し跳ねれば行き足、伸びは目立ちました。山田康二選手が優勝した時の回り足もかなりの迫力がありました。
35号機
出足 S  行き足 S  伸び S
長溝一生選手が仕上げて、行き足、伸びがグンと強化されました。ルーキーシリーズで乗った上瀧絢也選手は、着順こそ振るいませんでしたが、タイムや展示気配は上々でした。
そのほか

近況の動きにスポットを当てるなら、19号機は強力な出足、押しが注目レベル。70号機は調整が合えば、行き足に伸びが上々です。16号機は回ってからの押しと繋がり、加速感が良くパワーを感じます。シリーズでは活躍する可能性が高いと見ていいでしょう。

 舟券作戦

トレンドは継続?ニューヒーロー誕生の予感!

遠藤エミ選手の大村クラシック優勝、椎名豊選手のオーシャンカップ優勝、片岡雅裕選手のメモリアル優勝を筆頭に、今年の特別戦は“初物”が多く見られた一年でした。河合佑樹選手は尼崎センプルカップでG1初優勝、ダービーでSG初出場。船岡洋一郎、近江翔吾、宮地元輝選手らはG1タイトル初優勝で話題を呼びました。佐藤翼選手はダービーで初優出の快挙。挙げればキリがないほどの初物尽くしの一年です。それを象徴するかのように、最後の最後にまたSG初優勝の嬉しい初物が見られるかもしれません。SGで優勝経験のない伏兵選手が舟券に絡めば配当も上昇します。その意味でも非常に楽しみです。

インでもばっさり!ワーストモーターに苦戦する選手を見逃すな!

上位モーターはグランプリで使われ、シリーズで使われるのは良くて中上、ほとんどが中堅、最悪下位モーターです。通常のSGとは大きく異なる点です。毎年、これに苦悩する選手が続出します。テクニックが均衡するSGではモーター差が着に直結します。イン天国の大村ですが、ワーストモーターのインはあっけなく飛ぶことも…。そんな番組に出くわせば本命党は要注意、穴党は勝負所かも。パワー評価には細心の注意が必要でしょう。

▲「オーシャン」で無料会員登録して25,000円分のポイントをゲット!

第37回 SGグランプリ2022 参考リンク

 

PR
競艇ロックオン で上手にコロガせ!
当サイトスタッフが自腹で検証!
 利益ているスタッフ続出 
01月26日 イースタン
------------------------
津 8Rに各1,500円
3-4-1 31.7倍
---------↓-----------
津 11Rに各7,900円
4-3-6 85.9倍
------------------------
678,610円
コロガシ成功!

>>「競艇ロックオン」の検証結果をさらに詳しくみてみる<<

競艇ランキング公式 LINE

ここだけの情報を配信。是非皆様無料登録宜しくお願いします

競艇ランキング公式 YouTube

SG・G1レース回顧や注目選手の活躍にピックアップした動画などを随時配信中

チャンネル登録・いいねクリックぜひよろしくお願いします

この記事に対するクチコミ投稿
1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

コメントを残す

アップロードファイルの最大サイズ: 100 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ