【競艇予想】SG 第27回 オーシャンカップ2022【ボートレース尼崎】
1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

 

2022年07月17日 公開

 

ボートレース尼崎では7月19日よりSG 第27回 オーシャンカップが開催されます。

SG 第27回 オーシャンカップ2022 概要

開催日 7/19(火)〜7/24(日)
開催地 ボートレース尼崎
グレード SG
優勝賞金 3300万円

SG 第27回 オーシャンカップ2022 展望

前回大会回顧

 

昨年、芦屋で開催された第26回大会の優勝者は濱野谷憲吾選手です。約14年振りのSG優勝で東都のエースの存在感を改めて示す形となりました。レースを振り返るとインからコンマ15のトップスタートを決めた濱野谷選手が先マイ。差して接近したのは馬場貴也選手でしたが一歩届かず。二マークは切り返した篠崎元志選手に行く手を阻まれる格好となり後退。その隙を差し上がった瓜生正義選手が二位に浮上しました。峰竜太選手は攻め切れず。平本真之選手は大外から攻めあぐねましたがチルト二度に跳ねて観衆を沸かせました。

~結果~
2連単【1】【3】470円(2番人気)
3連単【1】【3】【4】2310円(9番人気)

V候補大本命!超厳選5

今年の賞金ランキング、現時点で首位を走るのは原田幸哉選手、二位が遠藤エミ選手です。共通点は他でもなく今年のSG覇者。その両者に迫る勢いで稼いでいるのが馬場貴也選手です。SG優勝をなくしての稼ぎとしては驚異的な数字です。その馬場選手を筆頭に優勝候補をピックアップします。シリーズを通して舟券からは外せない存在だけに要注目。

馬場貴也(4262)

今年は既にG1、G2を含む六回の優勝を数えるなど快進撃を続けています。賞金ランキングは第三位。SG優勝はないにも関わらず六千万円を稼ぐなど充実ぶりが伺えます。トップクラスの選手でさえも脱帽させる異次元の高速ターンを武器に躍動。2019年GPシリーズ以来のSG優勝を狙います。
菊地孝平(3960)

三月の唐津周年記念では本領発揮のカドまくりで優勝。デジタルスターターの異名を持つ菊地選手の真骨頂を見せつけました。スタート一気のイメージが強い選手ですが、まくりはもちろん、えぐるようなまくり差しも大の得意技です。決め手は多彩で、勝負勘も鋭く有力な優勝候補です。
石野貴之(4168)

五月にオールスターで優出、六月には地元住之江の周年記念優勝と順調に賞金を加算中です。好不調の波が激しい部分はありますが、一度波に乗ったときの破壊力は随一です。節イチに仕上げることも多々あり、とにかく注目度の高い選手です。直前に尼崎を走ったこともプラス材料です。
毒島誠(4238)

芦屋周年記念制覇、クラシック優出と幸先のいい滑り出しを決めましたが、春以降はややトーンダウン。ここから再度加速を強めたい思いで参戦です。尼崎は年初の周年記念で優出するなどイメージも良し。優勝争いをけん引します。
瓜生正義(3783)

選手会長に就任して、最初のSG参戦となりました。史上初となる選手会長のSG制覇、この選手ならあっさり成し遂げてしまうかも…。そんな期待は高まります。安定感が持ち味ですが攻撃力もトップクラス。多彩な戦術で魅了します。

ダークホース厳選5

地元のSG開催は選手にとっては非常に重要です。選手生活中でそう何度も走れる機会もなく、モチベーションは最高潮にまで高まります。ここでは地元重視で、魚谷智之と稲田浩二選手を指名。いつもとは一味も二味も違う、闘志溢れるプレーに期待します。復調の兆しを見せるダービー王、屈指の尼崎巧者、若手で最も期待できるあの選手も選出します。
魚谷智之(3780)

地元尼崎の超実力者を挙げない訳にはいかないでしょう。直前の多摩川では六枠で出走ながら優勝。二マークで強烈な差しで首位を奪う好レースでした。これで勢い付いたのは言うまでもありません。勝手知ったるセンタープール。主役の座を譲る気などなく気持ちを前面に勝負に出ます。
稲田浩二(4290)

 

魚谷選手に続いては地元兵庫支部からこの選手。稲ダッシュの通称を持つように自力で突破口を開くダッシュ戦が持ち味です。近年は最高峰の舞台においてもしっかり定着しており、テクニック負けがないことは実証済み。地元ファンの声援も追い風です。SG初優勝の快挙に期待します。
深谷知博(4524)

 

20年にダービーを制した翌年、21年はよもやの不振。年間優勝も一回と思うように結果を出せない日々。ですがようやくそのトンネルからは脱した印象です。今年はここまで四優勝。直前には下関でボートレース甲子園を制覇。完全復活を果たしたダービーキングが快走を約束します。
篠崎仁志(4477)

近況の成績は実力を思えばものたりない印象ですが、テクニックはトップ級。きっかけひとつでガラッと流れは変えられるはず。尼崎はとにかく良くエンジンを仕上げてくるイメージです。20年にはG2優勝の実績も残しています。
羽野直也(4831)

20年ヤングダービー覇者だけに常に周囲から寄せられる期待は大きい選手。今年は若松周年記念で自身三度目となるG1優勝と改めて存在感を示しました。一方SGでは苦戦気味で優出六着が最高成績です。まずは優出を目指し勝負です。

出場選手 一覧

#今垣光太郎 #太田和美 #前本泰和 #辻栄蔵 #徳増秀樹 #原田幸哉 #魚谷智之 #瓜生正義 #平尾崇典 #白井英治 #池田浩二 #寺田祥 #坪井康晴 #菊地孝平 #中島孝平 #田村隆信 #森高一真 #丸岡正典 #田口節子 #柳沢一 #福来剛 #石野貴之 #山口剛 #毒島誠 #馬場貴也 #稲田浩二 #山田哲也 #平本真之 #土屋智則 #西山貴浩 #平山智加 #船岡洋一郎 #茅原悠紀 #桐生順平 #平高奈菜 #片岡雅裕 #篠崎仁志 #遠藤エミ #上野真之介 #前田将太 #深谷知博 #黒井達矢 #佐藤翼 #磯部誠 #大上卓人 #丸野一樹 #永井彪也 #村上遼 #山田祐也 #椎名豊 #村松修二 #羽野直也

活躍必至!絶対注目モーター

尼崎のモーターは四月からまだ三か月程度の使用ですが、徐々にパワー差は開いている状況です。数字のあるものや優勝実績のあるものはシンプルに期待していい状況ですが、ひとつとっておきの情報を。それは一桁のモーターに注目、という点です。特に1番から5番に注目モーターが密集。その辺りはもちろん数字を度外視した近況の動きにも注目です。

絶対注目!モーター5選

36号機
出足 A+ 行き足 S  伸び S
大峯豊が優出四着としたレースから出色でしたが、長嶋万記選手がオールレディースで格別の伸びを披露し、全三連対で優勝を達成。長嶋選手は自他共に認める尼崎巧者で調整にも自信を持っています。特長は伸びですが、寶田亮治選手は力強いレース足、地元で優出した木村亮太選手はバランスの取れた仕上がりとなっていました。どの調整にもしっかり反応するところもグッド。この先どんどんと数字を上げていくであろうエース候補です。
1号機
出足 A  行き足 S  伸び S
初下ろしの混合戦で中村かなえ選手が堂々優出。軽量のメリットもありながらでしたがそれを差し引いても伸びは良く注目されました。その性能はやはり本物だったようで近況はとにかく伸びる伸びる。杉村賢也選手はバランスを取る調整もしても伸びていくほどで驚愕のパワーでした。そして記憶に新しいのが地元ルーキー藤本元輝選手の快走。水神祭だけにとどまらず二勝目も手にする活躍を見せました。乗り手不問の強力ストレートです。
41号機
出足 A  行き足 S  伸び S
六月に地元の看板、吉川元浩選手が三コースまくり差しで優勝。伸びを主体とした強力な実戦パワーを引き出しました。さすがは地元実力者といった所で、今の尼崎とのマッチングも完璧。乗り継いだ新地雅洋選手はピンロクの着取りでしたが、明らかに直線気配は強めで足落ちはなし。益田啓司選手は出足寄りで伸びもいいバランス型。シリーズにより変動することが考えられるのでまずは出足と伸び、どちらに特徴が出ているか要チェック。
4号機
出足 A+ 行き足 A+  伸び A+
初下ろし当初から乗り手にも恵まれ着実に数字を伸ばしてきていた印象でしたが、6月に乗った柳沢一選手のペラ調整により、さらに性能に磨きがかかってきた印象です。バランスの取れた実戦型で、非の打ち所がないタイプです。出足はしっかりしており、伸び負けをすることもない。オールマイティーなパワーが魅力です。突き抜けるような特長があるものもいいですが、もう一丁化ける楽しみを秘めるのがこういうタイプのモーターです。
60号機
出足 A+ 行き足 A+ 伸び A+
6月に金子拓矢選手が出足、行き足を仕上げて優出。調整の幅こそ広くはなさそうですが、調整が合えば全部の足が来て好バランスに仕上がります。乗り継いだ海老澤泰行選手は伸び型、松田憲幸選手は回り足型で快走。特長は変動していますが、近況は常にしっかりと動いている印象です。乗り手の調整に反応が出るため、SGではどの選手が乗り、どんな仕上がりに持ってくるかに注目しましょう。どちらかというとさばきタイプとの相性◎。

今年の尼崎のモーターは昨年よりも伸び型が多い印象を受けます。伸びを強化する選手が増えていることもあるでしょう。というわけで、伸びに特徴のある強力モーターを一挙紹介。初日の動きを見ればすぐにわかるはず。2、5、15、13、18号機。ぜひぜひご注目を。

そのほか、注目モーターに関する情報はこちらの記事でも紹介してますのでご参考ください

ボートレース尼崎・モーター成績ランキング

SG 第27回 オーシャンカップ2022 舟券作戦

イン絶対!穴党は苦戦必至で要注意!

かつてはカマシ、いわゆるダッシュ戦法が幅を利かしていたことから付いた名前はセンタープール。今やその面影は…。とにかくイン最強、外は劣勢のレース展開。当然、本命サイドの決着が連続します。ターンマークとスタンドがほぼ平行というレイアウトも影響しています。とにかくまくりが利かない、届かない。コースの利は着順に直結します。舟券的中への第一歩はインから舟券を買うことでしょう。それでも万舟にこだわる穴党は風待ちです。強い向かい風が吹く場面も少なくないため、五メートルを超えるような風が吹くコンディションならダッシュ勢に出番も。その場合でもイン艇は二三着残りにご注意を。

イン艇の相手はパワー評価重視が吉?

前項でもお伝えした通り、イン絶対水面で、二連単、三連単を買うのならイン艇を一着固定にするのが的中への近道です、それに続く二三着はパワー評価でピックアップしてみてはいかがでしょうか。尼崎は握って回る艇がポンと競り合いから抜け出す場面がよくよくあります。一マークなら落として差す二号艇より握って回る三号艇に着目です。三号艇が握るなら四号艇にも差すチャンスが巡ってきます。出足、回り足に加え操縦性が整っていれば三周する間に追い上げも可能です。風の影響で二マークは乗りづらくなっており、その波に足を取られていると逆転劇が起こります。気配次第では外も買い目の対象です。

舟券勝負は二日目からでも遅くない!

尼崎のパワー相場は上と下の差がくっきりと出やすい印象です。初日にパワー劣勢で苦しむ選手はシリーズ通してそのまま大敗続きというのも珍しくありません。気温が本格的に高くなっている今、ダメなエンジンはなおさら動かなくなります。どんなに実力のある選手でも、気配次第では舟券から外す勇気も必要です。それだけに初日の実戦気配がとにかく重要です。こと細かくパワー評価をして下さい。極端に言うなら舟券勝負は二日目からでも遅くはありません。実戦気配に加え、尼崎公式サイトでは選手コメントも確認できます。オリジナル展示タイムも完備されており総合的な情報収集が可能となっています。

 

▲「オーシャン」で無料会員登録して25,000円分のポイントをゲット!

SG 第27回 オーシャンカップ2022 参考リンク

 

PR
舟遊記 で上手にコロガせ!
当サイトスタッフが自腹で検証!
 利益ているスタッフ続出 
11月21日 金角プラン
------------------------
平和島 7Rに5,500円
1-6-2 11.2倍
---------↓-----------
平和島 9Rに各10,200円
2-3-5 41.7倍
------------------------
425,340円
コロガシ成功!

>>「舟遊記」の検証結果をさらに詳しくみてみる<<

 

競艇ランキング公式 LINE

ここだけの情報を配信。是非皆様無料登録宜しくお願いします

競艇ランキング公式 YouTube

SG・G1レース回顧や注目選手の活躍にピックアップした動画などを随時配信中

チャンネル登録・いいねクリックぜひよろしくお願いします

この記事に対するクチコミ投稿
1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

コメントを残す

アップロードファイルの最大サイズ: 100 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ