【競艇予想】2021年・GⅠ中国地区選手権競走/関東地区選手権競走/四国地区選手権競走【ボートレース徳山/ボートレース多摩川/ボートレース丸亀】
1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

 

2021年2月9日 公開

 

地区選は後半戦もトップレーサーとベテラン、フレッシュレーサー達が白熱の戦いをする!

現在ボートレースでは各地区で地区選手権が開催されており、まもなく地区選の後半戦が始まります。

ここでは、2月12日から17日まで行われる「GⅠ第64回中国地区選手権競走」、2月13日から18日まで行われる「GⅠ第66回関東地区選手権競走」、2月14日から19日まで行われる「GⅠ第64回四国地区選手権競走」の3つの地区選手権のレース展望を紹介していきます。

 

GⅠ 地区選手権競走とは

地区選手権は日本全国にいる選手が6地区に分かれ、地区ごとに競い合う大会と位置づけられているGⅠ競争です。地元レーサーが地元ファンの目の前で、GⅠで活躍するレースを見せることが出来る数少ない機会ともいえます。

選手的にも

  • 優勝するとたとえ勝率が悪くてもSGクラシックの優先出場権を獲得
  • 優勝賞金が通常のGⅠよりかなり安いので、SGに出場できそうな選手、ベテラン選手は無理をしない
  • ホームコース、近くの準ホームコースに斡旋されることが多い選手に有利にはたらく
  • フライングなどのペナルティーは通常のGⅠと同じ

などがあり、若手で伸び盛りの選手が大仕事を成し遂げることが多いGⅠでもあります。

賞金

優勝賞金は450万円。

プレミアムGIは1000万円「副賞金あり」、周年記念競走は900万円「副賞金あり」、ダイヤモンドカップ競走、高松宮記念特別競走は800万円、GII競走のモーターボート大賞競走でも400万円と、他の重賞競走と比べてもかなり低い額と言えます。

地区選手権競走が開催される対象競艇場

関東地区選手権競走

群馬支部、埼玉支部、東京支部にある、桐生競艇場、戸田競艇場、江戸川競艇場、多摩川競艇場、平和島競艇場

東海地区選手権競走

静岡支部、愛知支部、三重支部にある、浜名湖競艇場、蒲郡競艇場、常滑競艇場、津競艇場

近畿地区選手権競走

福井支部、滋賀支部、大阪支部、兵庫支部にある、三国競艇場、びわこ競艇場、住之江競艇場、尼崎競艇場

中国地区選手権競走

岡山支部、広島支部、山口支部にある、児島競艇場、宮島競艇場、徳山競艇場、下関競艇場

四国地区選手権競走

香川支部、徳島支部にある、丸亀競艇場、鳴門競艇場

九州地区選手権競走

福岡支部、佐賀支部、長崎支部にある、福岡競艇場、若松競艇場、芦屋競艇場、唐津競艇場、大村競艇場

 

中国地区選手権競走

山口支部・広島支部・岡山支部所属の選手が出場、レース場は持ち回り制で今年の開催はボートレース徳山で行われます。

中国地区選手権競走 注目選手

この地区はトップレーサー、ベテラン、中堅クラスのレーサーたちが沢山いるので、よく名前を聞くレーサーが順当に勝ち上がっていく傾向があります。

まず、地元山口の総大将といえば、白井英治選手でしょう。全国区のSGレーサー白井選手が目指す今年の目標は、なんといっても年末のグランプリに出場、優勝して賞金王になること。通算優勝回数98回、SG優勝2回のトップレーサー、次にほしいのは昨年引退した師匠の今村豊さんが成し遂げることが出来なかったグランプリ制覇。昨年の後半から少し調子は落ちたままで、一般戦でも優勝を逃している状況は少し気になりますが、地元の地区選が調子アップのきっかけになれば、SG戦線でも主役になるのは間違いありません。ホワイトシャークの熱い走りが優勝候補の筆頭です。

次に要注目の選手は地元の寺田祥選手です。寺田選手は昨年後半から順調で、8月のSGメモリアルの優勝やGⅠBBCトーナメント、グランプリで2着などまさに充実期に入っています。1コースと4コースからのまくりで結果を残している寺田選手、今節も知り尽くした徳山水面で今年のグランプリ制覇のために着実に賞金を加算していきたいところです。

広島支部からはベテランの味が光る辻栄蔵選手に注目します。ターンの上手さと切れ味は現役屈指で、どのコースからでも舟券に絡んでくる技巧派レーサーです。しかし、辻選手の2020年はまさかの展開。GⅠ優勝戦に進出もなければ、一般戦での優勝もありませんでした。SG2勝の華麗なレース運びの復活待ちなのですが、1月に早速一般戦で優勝を決めて、反撃ののろしを上げましたし、もう大丈夫ではないでしょうか。地区選で久しぶりのGⅠ優勝も十分狙えるはずです。

岡山支部からはエース茅原悠紀選手です。昨年はボートレース徳山での周年記念でしっかり優勝をするなど、徳山水面は大得意の茅原選手。昨年後半は、フライングの影響でスタートに対して非常に慎重になっていました。それに伴い、全コースで1着獲得率がとても下がっています。そろそろ、スタートもいけるようになってきているので、鋭角なターンと豪快なまくりの二刀流で、上位選手が揃っている地区選でもあっさり優勝しても全く不思議ではない存在かと思います。

女性レーサーは岡山の守屋美穂選手、寺田千恵選手、広島の海野ゆかり選手などが出場します。外枠からでも連に絡むことが出来る実力がある選手ばかりなので、舟券に絡めば思わぬ高配当なんてのもあり得ます。

中国地区選手権競走 狙い目モーター

ボートレース徳山のモーターは昨年の5月からの使用で、モーター相場も出ています。

注目機はこちらです!

  • 57号機 2連対率:43.2% ダイヤモンドカップ優勝モーター、その後も順調
  • 44号機 2連対率:44.0% レース足最高で見た目以上に出てる感がある
  • 63号機 2連対率:41.3% 寒くなってから足良化が著しく上昇急

これらのモーターを引き当てた選手は要注目ですね!

中国地区選手権競走 水面攻略

ボートレース徳山(徳山競艇場)を徹底解説【水面特徴・コース攻略】

 

関東地区選手権競走

東京支部・埼玉支部・群馬支部の選手が出場する大会で、今年の開催はボートレース多摩川で行われます。

この地区は、中堅、若手クラスのレーサーがメキメキ力を付けてきているのが特徴です。

関東地区選手権競走 注目選手

トップレーサーのなかでは埼玉支部の桐生順平選手がひとつ頭を抜けている感じではないでしょうか。2年前の地区選も優勝しており、今回トップレーサーの出場が少ない関東選手権ならば予選通過は最低ノルマ、非常に出てないモーターを引き当てない限りは優勝戦に進むことは間違いないでしょう。今年も一般戦で優勝2回、前節の戸田周年記念はまさかの中止で驚きましたが、ここはあっさり優勝という光景が目に浮かびます。

地元東京支部では濱野谷憲吾選手がエース的存在、先月の江戸川周年記念は優勝戦5コースから2着としっかり結果を出しての地区選に出場となります。1コースの成績は申し分ないのはもちろん、3コースからのツケマイが得意のレーススタイル、ベテランの意地で上位進出を狙っていくでしょう。

また、中堅の長田頼宗選手、若手の永井彪也選手、ベテランの村田修二選手も地元の利を活かして虎視眈々です。

それと、埼玉の中田竜太選手、佐藤翼選手、群馬の上村純一選手、関浩哉選手、椎名豊選手など若手レーサーが大活躍しそうな気配がしますよ!

関東地区選手権競走 狙い目モーター

ボートレース多摩川のモーターは強力な2機が魅力的。

  • 61号機 2連対率:45.5% 優勝1回 バランス取れた舟足は高確率で上位進出
  • 49号機 2連対率:40.6% 優勝1回 出足、回り足が抜群でレースをしやすい

この2機は他のモーターを引き離している感じです。節間通して注目しなければいけないモーターであることは間違いないでしょう。

近畿地区選手権競走 水面攻略

ボートレース多摩川(多摩川競艇場)を徹底解説【水面特徴・コース攻略】

 

四国地区選手権競走

香川支部・徳島支部の選手が出場する今大会はボートレースまるがめで開催されます。

四国地区選手権競走 注目選手

この地区は女子トップレーサーに注目です!

まずは地元の平高奈菜選手が混合GⅠ制覇を目指して本格勝負になります。昨年末のクイーンズクライマックス優勝は必然の流れ、平高選手のテクニックと豪快なレーススタイルは男子勝りの存在。4コースまでならどこからでも1着を取りに行く強気のレースは見ているファンの気持ちをアツくします。男女混合GⅠになると、女子レーサーの人気は下がる傾向があるので、積極的に舟券を買って高配当をゲットしていきたいですね。

さらに、もう1人の女子トップレーサー平山智加選手も出場します。こちらは既に男女混合GⅠを制しており、今回は2勝目を目指して最後まで諦めない走りをすることでしょう。

男子レーサーでは田村隆信選手、森高一真選手が一歩リード、その次に昨年の優勝回数が7回、今年もすでに2回優勝している興津藍選手が続きます。

さらに、昨年の地区選も優勝戦5着の片岡雅裕選手がそろそろGⅠ2勝目を決める可能性もあります。一般戦での走りをGⅠでも披露できれば簡単に優勝しちゃうかもしれまんよ。

四国地区選手権競走 狙い目モーター

ボートレースまるがめのモーターは昨年の11月から使われたばかりで、まだ沢山のデーターがない状態です。

そのなかでも上位5機をあげます。

  • 9号機 2連対率:54.76% 勝率6.64
  • 51号機 2連対率:52.63% 勝率7.16
  • 24号機 2連対率:50.00% 勝率6.50
  • 49号機 2連対率:50.00% 勝率6.05
  • 7号機 2連対率:48.78% 勝率6.66

9号機が1回、7号機が2回優勝しており、モーターにも勝負強さがあるのかもしれません。

四国地区選手権競走 水面攻略

https://kyotei-ranking.com/ボートレース丸亀/

 

GⅠ中国地区選手権競走/関東地区選手権競走/四国地区選手権競走 まとめ

地区選手権も後半戦に入ります。優勝すればSGボートレースクラシックの出場権もゲットできるので、権利をもっていないレーサーは本気の熱いレースを繰り広げます。

前半戦は万舟券も続出していて穴党、本命党どちらの買い方もハラハラしながらレースを観戦。後半戦も激熱な配当がバンバン出てくることでしょう。

 

この記事のコメント

1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

コメントを残す


アップロードファイルの最大サイズ: 100 MB.

おすすめの記事