SGボートレースクラシックの出場選手がほぼ決定!
1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

 

2022年01月05日 更新

 

来年3月におこなわれるボートレースクラシック。今年はV6とした選手であっても多く予備にまわることとなるかなりハイレベルの戦いとなっており、出場争いも熾烈を極めています。

2021年内のレースを終えて

ボートレース常滑では今年のSGで活躍した濱野谷憲吾選手や中島孝平選手らを相手に赤岩善生選手が優勝。V5勝率上位だった赤岩善生選手がV6となったことで一気に出場圏内に入りました。

ボートレース鳴門では広島支部が5人という優勝戦。インが重鎮の西島義則選手でありましたが、スリットで先行した船岡洋一郎選手が一切の忖度なくまくり切っての優勝。V7として一気にSG出場を決定づけました。

最後はクイーンズクライマックス。優勝した田口節子選手がG1優勝で一気に権利を獲得。この時点で2021年内のボートレースクラシックの出場選手がほぼ固まりました。

SG・G1・G2覇者+V7以上の選手+各地区選手権(2月)優勝者6名で46名。V6とした選手のうち平高奈菜選手の勝率7.31までが出場圏内ということとなりました。なんと現時点ではV6であっても8名の選手が選考から外れることとなっています。

V6選手のボーダー

赤岩善生 7.73
秦 英悟 7.62
赤坂俊輔 7.48
林 美憲 7.41
中野次郎 7.40
平高奈菜 7.31

以下、予備選手

上條暢嵩 7.30
古澤光紀 7.11
守屋美穂 7.09
山田哲也 7.00
渡邉和将 6.99
柳生泰二 6.93
菅 章哉 6.93
仲口博崇 6.59

過去10年のボーダーを見てもV6の選手がボーダーとなったケースはなく、出場予定の選手が数名フライング休みとなり、各地区の選手権で権利を有する選手が優勝したとしても仲口選手まで出場出来る可能性はかなり低いように感じます。これほどまでにボーダーが上がった理由として、13名がG1優勝1回、6名がG2優勝1回とそれぞれが分け合うようにして記念レースを制して来たことが考えられます。

まとめ

これだけボーダーが高かったからこそ、ボートレースクラシックへの最終便となる各地区の選手権では激戦必至。今から2月が楽しみとなりそうです。

 

PR
『競艇ハッスル』を自腹で検証!
7月2日(火) ゴールドハッスル

結果
完璧な展開予想!
着順
住之江 1R
413


住之江 2R
213
オッズ
100.2倍× 2,500円

13.4倍 × 62,600円
舟券代
15,000円
払戻金
838,840円
競艇ハッスルがなぜオススメなのか
  • 無料予想でも『若松』を買えばそれだけでプラスになる
  • 課金しないでもずっと使い続けられる
  • 有料プランを使えばそれはそれで45~70万円近い利益が望める(※検証で実証済)

 

人気記事

競艇ランキング公式 LINE

ここだけの情報を配信。是非皆様無料登録宜しくお願いします

競艇ランキング公式 YouTube

SG・G1レース回顧や注目選手の活躍にピックアップした動画などを随時配信中

チャンネル登録・いいねクリックぜひよろしくお願いします

この記事に対するクチコミ投稿
1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

コメントを残す

アップロードファイルの最大サイズ: 100 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ