【競艇予想】PGⅠ 第36回レディースチャンピオン2022【ボートレース丸亀】
1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

 

2022年07月28日 公開

 

ボートレース丸亀では8月2日よりPG1 第36回レディースチャンピオンが開催されます。

PGⅠ 第36回レディースチャンピオン2022 概要

開催日 2022/08/02-2022/08/07
開催地 ボートレース丸亀
グレード プレミアムG1
優勝賞金 1000万円

PGⅠ 第36回レディースチャンピオン2022 展望

前回大会回顧

21年浜名湖大会の優勝者は遠藤エミ選手。一マークはやや漏らしてしまい、櫻本あゆみ選手の差しが入ったかに見えましたが、回ってからの加速、伸びは遠藤選手に分がありました。差して詰め寄る櫻本選手の舳先を抑え込み二マークでの優勝を決定付けました。全速でブン回した渡邊優美選手は二マークで差して先行する櫻本選手に詰め寄りましたが櫻本がこの追走を抑え込み二着争いは勝負あり。まくりに期待された高田ひかる選手でしたがスタート後手を踏み不発。二連単、三連単共に一番人気の本命決着で幕を閉じました。
~結果~
2連単【1】【2】360円(1番人気)
3連単【1】【2】【5】1120円(1番人気)

V候補本命3選

女子ビッグタイトルが地元開催となれば気合いが入るのが選手の心情です。次にいつあるか分からないチャンスだけに是が非でも獲りたい思いでしょう。というわけで地元の実力選手に期待します。その中でもやはり別格なのが今やSGでも活躍しているあの二人です。
平山智加(4387)

まるがめレディースの看板選手です。尼崎オーシャンカップでも予選突破、準優は二番手を走り優出へあと一歩と迫りました。過去混合戦G1で優勝した経験を持つなど女子では抜けた実績を誇ります。地元の女子ビッグとあってより一層気合いも高まります。レディースチャンピオンは20年多摩川大会の覇者。二度目の制覇へと初日から全力疾走です。
平高奈菜(4450)

もはや主戦は特別戦となっておりSGの舞台にも定着しています。出場するたびに経験値を積み、実力は上昇一途、宮島オールスターでは優出して話題となりました。女子のタイトル戦はクイーンズクライマックスで優勝実績。夏の女王の座に狙いを定め勝負します。
守屋美穂(4482)

二月桐生で開催されたG2レディースオールスターをカドまくりで快勝。ここ一番の勝負強さを知らしめました。差しもこなしますが、何と言っても魅力は豪快に攻めるレース。今年は三度の優勝がありますがその内二度はまくり勝ち。やはり勝負強さは特筆級です。
田口節子(4050)
21年福岡クイーンズクライマックスは二コースからまくって優勝。女子戦においても確実にある世代交代の気配に抗うベテラン選手の筆頭です。スピードで見劣る事はなく積んできた経験値も断然です。10大会ぶりの女王奪還となるのか、目が離せない存在です。
細川裕子(4123)
直前の大村では、二コース差しで優勝とリズムアップしての参戦です。鋭いハンドルワークが最大の武器で、その精度は女子トップクラスのレベルを誇ります。近年はスタート負けも少なくなって、イン成績も安定しています。調整も的確で、総合力の高い選手です。

V候補ダークホース5選

ここで挙げるダークホースの共通項はコース不問の攻撃力です。センター、アウトからでも自力で展開をこじ開けてくる強気なレースをするタイプです。こういった選手は一度波に乗ると一気に突っ走る傾向も。好エンジンが味方なら一躍優勝争いまであると見ます。
西村美智子(4313)

近況は三期連続でA1級をキープするなど安定感が増してきた印象です。思い切り良く握って自力レースを展開する豪快な立ち回りが魅力です。イン戦も得意としており一着固定で狙えます。ただ六月に丸亀でコンマ08の非常識なフライングを切ったのはマイナス材料です。勘を掴めているか、スタート展示や平均スタートでチェックしたいところです。
堀之内紀代子(4011)

女子きっての攻撃タイプで、その破壊力は抜群です。通算八回の優勝の内、逃げて優勝したのは二回。その他の六回はイン以外からの優勝です。コース不問で一撃を秘めるレーススタイルと合致するデータです。直前には芦屋で三コースからまくって優勝と勢いも◎。
金田幸子(4065)

13年の鳴門大会ではカドからコンマ11のトップスタートを決めると豪快にまくって優勝。今もなお攻めの姿勢は崩さず、同体ならツケ回っていくシーンは度々目にします。それだけに足よりも、操縦性、乗り心地が重要な要素。選手コメントは注視してください。
櫻本あゆみ(4478)
ややムラっぽいところもありますが、好調時はあっと驚くような勝ちっぷりをする魅力を秘めています。丸亀は優勝実績もあるなど、相性がいい水面です。またレディースチャンピオンは20年多摩川、21年浜名湖と二年連続で優出とタイトル相性の良さも評価点です。
中田夕貴(4900)
22年前期に初のA1昇格、近年メキメキと実力を付けてきている急上昇株です。ターン力はもちろん、ペラ調整でエンジンを出せていることも好調の一因です。イン戦はきっちりものにして、その他のコースからは手堅く着をまとめる器用さも持ち合わせています。

PGⅠ 第36回レディースチャンピオン2022 出場選手 一覧

#渡辺千草 #日高逸子 #山川美由紀 #谷川里江 #中里優子 #岩崎芳美 #海野ゆかり #池田紫乃 #香川素子 #池田浩美 #永井聖美 #堀之内紀代子 #佐々木裕美 #田口節子 #金田幸子 #古賀千晶 #廣中智紗衣 #細川裕子 #宇野弥生 #三浦永理 #大橋栄里佳 #平田さやか #落合直子 #藤崎小百合 #西村美智子 #魚谷香織 #原田佑実 #平山智加 #平高奈菜 #鎌倉涼 #山下友貴 #櫻本あゆみ #守屋美穂 #滝川真由子 #清水沙樹 #喜井つかさ #浜田亜理沙 #渡邉優美 #松尾夏海 #島田なぎさ #土屋実沙希 #清埜翔子 #高田ひかる #中村桃佳 #倉持莉々 #大山千広 #中田夕貴 #小芦るり華 #實森美祐 #中村かなえ

活躍必至!絶対注目モーター5選

丸亀のモーターは11月から使用されおり、相場、数字は出きっているようにも見えますが意外とそうでもありません。数字は高くとも、近況はさほど動いていないものがあり、一方で中堅クラスの数字でも近況目を見張る動きをするものも。それもそのはず、モーターパワーにもろに影響を及ぼす気温や湿度が初下ろしのころとは違っています。丸亀のモーターはまだ夏を経験していないのです。そこで近況重視の即戦力の本体を紹介します。
39号機
出足 A+  行き足 S  伸び S
何と言ってもその魅力はストレートでしょう。展示タイムは常に上位で、スリット気配も目立つ事の多いモーターです。それだけに、マッチングしているかどうかはわかりやすいと言えます。しっかり調整が合っているときはスタートして両サイドの艇を突き放すように前に進んでいく行き足に仕上がります。スタートの早い選手に渡れば鬼に金棒状態に。
27号機
出足 S  行き足 S  伸び S
気温、湿度の上昇とともに気配を上げてきているモーターだけに、冬場に数字を稼いだものより信頼度は高そうです。回り足を求める選手が乗ることが多かった本体ですが、その調整の中で伸びも迫力を増している辺りに高い本体性能を感じます。直前に使われていたときはかなりの仕上がりになっていたため、即戦力として期待が高いといえるでしょう。
62号機
出足 S  行き足 A+  伸び S
数字だけを見ると、どこにでもありそうな平凡なモーターですが、七月のルーキーシリーズで見せた動きにほれ込みこここでピックアップします。出足、回り足は強力で伸びも上位に匹敵する強力パワーを誇ります。数字だけを見て注目度が下がるならむしろ買い。初日から積極的に狙って買っていきたいモーターだけに誰の手に渡るのか非常に楽しみに。
22号機
出足 S  行き足 S  伸び S
七月のルーキーシリーズでは、強力な回り足タイプとして評価していましたが、シリーズ終盤に向かうに連れて伸びも大幅に強化してきました。今なら全部の足が強力と言える仕上がりです。秘めたる性能はもちろんのこと、調整にしっかり反応するあたりも非常に好印象です。ターンマークを回る足は良くそこからの加速して伸びていく強力パワーです。
59号機
出足 A+  行き足 S  伸び S
六月に新人女子選手が混合戦で乗って激走。初めての予選突破を成し遂げると、準優も大外から展開を割って二着に入ると初めての優出。デビューして間もない選手の成長に一役買いました。あの足が再現されるのかどうかが最大の焦点です。再現されれば優勝争いは間違いないと断言してもいいレベルです。乗り手と調整に期待して見守りたい本体です。

近況の動きとインパクト優先の厳選でここでは挙げきれなかったものがまだまだあります。強レース足を誇る55号機は活躍必至、回り足を中心に力強い動きを見せているのが18号機です。52号機も伸びは良好で数字以上の動きです。30号機はかつての動きが戻れば面白いのですが…。61号機も出足は完調、21号機は一撃期待のストレートです。

こうして見ると、注目モーターはしっかりとその特徴が出てきています。ということは乗り手との相性の善し悪しにも目を配る必要がありそうです。例えば出足型を好む選手に伸び型の本体が渡っても魅力は半減。一方、まくり屋に伸び型が渡れば楽しみは倍増です。

そのほか、注目モーターに関する情報はこちらの記事でも紹介してますのでご参考ください

ボートレース丸亀・モーター成績ランキング

無料予想 🎯 的中速報‼
08月10日(水) 唐津12R

結果
唐津12R
着順
1-2-6
オッズ
13.3倍
舟券代
16,000円
払戻金
26,600円
無料予想でも確実なプラス収支!
「競艇魂」

このほかにも下記サイトの無料予想が続々的中!

PGⅠ 第36回レディースチャンピオン2022 舟券作戦

全速戦を多用するスピード感がミドコロ!

あなたは女子戦、女子選手のレースっぷりにどのような印象をお持ちですか?意外かもしれませんが、女子は男子よりも全速戦を多用する傾向があります。込み合った狭い間隙に差して入っていくよりも思い切って外を回していく選手が多いのです。これは前が詰まって大敗を避けること、接触によるリスクを回避すること、そして何より全速戦で勝負したいという思いもあるでしょう。とにかく迷ったら握る、そんな選手は少なくありません。女子選手には乗り心地を求めるようなコメントが多く聞かれますが、これは握って回るために必要な要素だからです。「乗りやすい」そんなコメントを出した選手は要注目です。

オッズを逆手にとるのも作戦?

女子きってのまくり屋、高田ひかる選手も参戦します。とにかくいつでもどこでも伸びており、アタマの舟券も売れに売れまくっているのが現状です。人気は過熱しており、大外からのレースでもとんでもなく売れることで目を疑うようなオッズが並ぶ場面も度々目にします。ただ伸び特化型の調整にはデメリットも同居します。ピット離れで置かれるリスクはもちろん。スタートにおける起こしも難しいと言われています。また全速でスリットを通過して初めて伸びが活きてきます。起こしが不安定な中で全速で早いタイミングを決める…。このようにスタートを決める難易度が高まっていることが、スタートのムラに繋がっているのです。もし、コースや仕上がり的に無理スジとも言える場面でアタマ人気をしているならそれに逆らって買うてはあります。順当とも言える逃げ決着でも、高田選手がオッズを吸収している分意外な好配も。まくりはそう簡単に決まる物ではありません。

夏のナイターは調整が難しい?

ナイターは前半と後半で気温や湿度がガラッと変化します。気温の下がる後半はモーターの出力が上がることがあり、回転が上がり過ぎるといった具合です。前半快勝、後半大敗、そんな時、選手のコメントは大体が「後半は回転が合ってなかった…」ということになります。スタート展示は、今その時に合っているか、それを確認できる重要な要素です。

 


▲「競艇GOLD」で無料体験するなら画像をタップ

PGⅠ 第36回レディースチャンピオン2022 まとめ

女子ナンバーワンを決める伝統の一戦がいよいよ開幕します。主力選手が順当に勝ち強さを証明するのか、それともニューヒロインの誕生となるのか。女王の座をかけたアツいバトルの行方はいかに。そのドラマも舟券も全部をひっくるめてこの夏を楽しみましょう。

PGⅠ 第36回レディースチャンピオン2022 参考リンク

 

PR
JACKPOT で上手にコロガせ!
当サイトスタッフが自腹で検証!
 利益ているスタッフ続出 
06月20日 アクアマリン
------------------------
戸田 9Rに2,500円
3-4-5 37.2倍
---------↓-----------
住之江 2Rに各15,500円
3-2-4 22.7倍
------------------------
351,850円
コロガシ成功!

>>「JACKPOT」の検証結果をさらに詳しくみてみる<<

 

競艇ランキング公式 LINE

ここだけの情報を配信。是非皆様無料登録宜しくお願いします

競艇ランキング公式 YouTube

SG・G1レース回顧や注目選手の活躍にピックアップした動画などを随時配信中

チャンネル登録・いいねクリックぜひよろしくお願いします

この記事に対するクチコミ投稿
1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

コメントを残す


アップロードファイルの最大サイズ: 100 MB.