競艇予想サイト検証ランキング
ボートレーサーの賞金(給料)について
1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

 

ボートレーサーはいくら給料をもらっているのかご存知ですか?
この記事では、ボートレーサーの収入の仕組みや平均年収、クラス別の収入の違いについて解説します。

 

ボートレーサーの主な収入源は「賞金」

ボートレーサーの主な収入源は、レースに出場して獲得する「賞金」です。着順が上位であるほど賞金額は高く、下位は低く設定されています。ただし出場するレースのグレードにより得られる賞金額は変わります。

レースのグレードが高いほど賞金額が上がる

レースはグレードの高い順にSG(スペシャルグレード)、G1、G2、G3、一般戦となっています。SGの中でも「グランプリ」では優勝賞金が1億円と最も高いことで知られています。

レースグレード別優勝賞金最高額
  • グランプリ:1億円
  • SG競走(グランプリ以外):1,700~3,900万円
  • G1競走:480~1,500万円
  • G2競走:450万円
  • G3競走:105万円以上
  • 一般戦:74万円以上

 

ボートレーサーの平均年収は1,700万円

ボートレーサーの平均年収は1,700万円です。もちろん1,700万円はあくまで平均値であり、トップクラスと下位クラスの選手の年収には大きな差があります。

トップレーサーの年収は2億超

トップクラスのボートレーサーは2億超の年収があります。2020年に最も賞金を稼いだのは、峰竜太選手。約2億5,000万円を稼ぎました。

2020年で1億円以上の賞金を稼いだ選手は、約1,600人いるボートレーサーの中たった10人です。約0.6%の選手が億プレイヤーということになります。

最低ランクのB2クラスでも平均年収は約500万円

トップクラスのボートレーサーが2億円超を稼ぐことはおわかりいただけたと思います。では、下位クラスの選手の平均収入はどれくらいなのでしょうか?

実は最低ランクのB2クラスの選手であっても、平均年収は約500万円です。普通のサラリーマン程度に稼げることがわかります。

クラス別の平均年収をみてみましょう。

2018年クラス別平均年収
  • A1クラス(約120人): 3,000万円
  • A2クラス(約320人):1,800万円
  • B1クラス(約700人):1,100万円
  • B2クラス(約250人):500万円

上位クラスほど年収が高い傾向にあります。これはレーサーの実力が高いほど、レースに出場する回数が多く賞金の高いレースに出場できるから。

下位ランクの選手は出場できるレース数も少なく、賞金の高いレースに出場できる資格もありません。そのためトップクラスと比べると平均収入に大きな差があります。

 

賞金以外の収入もある

ボートレーサーの収入源は賞金だけではありません。日当、宿泊費、交通費などの各種手当てがあり、レースに出場するだけである程度の収入を確保できます。

出場停止だと収入なし

フライングなどの事故点が規定に達すると、レースの出場が停止になってしまいます。出場停止期間中はレースに出られないため、無収入となります。

 

まとめ

ボートレーサーの平均収入は約1,700万円でした。なかには2億円以上稼ぎ出す選手もいますが、それは一握りです。怪我やフライングによる出場停止のリスクを考えると、決して高すぎることはないでしょう。

 

1つ星 [ 0 いいね ]
読み込み中...

コメントを残す


アップロードファイルの最大サイズ: 100 MB.

おすすめの記事